世界日報 Web版

女性への非道な犯罪、インド社会が揺れ続ける


山田 寛

 先週、東京で日米豪印外相会談が開かれ、「自由で開かれたインド太平洋構想」、「4カ国戦略対話」が本格化しつつある。自由、民主、人権を旗印に、中国の拡大に対処しようというスクラム。その中でインドは大きなカギを握る。だが、その国は今、新型コロナ大感染に加え、固有の病=女性の人権と生命の軽視→非道な犯罪でも揺れている。

 13歳、17歳、3歳、19歳、22歳。8月半ば~9月末、首都デリーの東側のウッタルプラデシュ州で、この5人がレイプ殺人の犠牲者となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ