世界日報 Web版

中国 極超音速ミサイルに電磁パルス兵器搭載か


ビル・ガーツ

 中国は、広範囲のあらゆる電子機器を破壊可能な電磁パルス兵器(EMP)の開発を進めており、新型の極超音速ミサイルに搭載される可能性がある。米議会諮問機関「国家・国土安全保障に関するEMPタスクフォース」の報告で明らかになった。

 ピーター・プライ事務局長は報告で、中国は、広範囲の電子機器を破壊するために高高度で使用する「スーパーEMP」兵器を保有していると指摘。極超音速ミサイルに搭載することでその脅威は一層高まるとの見方を明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ