世界日報 Web版

頭上注意の果物農園


地球だより

 タイの4月は、日本でいえば8月に相当する真夏の盛りだ。この季節は果物が豊富に出回り、フルーツ天国と化す。果物の王様ドリアンや、気品のある酸味と甘味で絶大な人気のある女王マンゴスチンもどっさり市場に出回る。匂いこそきついが濃厚な甘みのあるドリアンは、初めは抵抗があるものの、そのうち病みつきになる。うまいものは大抵、臭いものだ。

 ただ、ドリアンの実には鋭いとげがある。表皮にびっしり無数の円錐状のとげがあり、しかも大きなものはラグビーボール大のものもあるから、さすがに農園で行われるドリアン狩りに誘われても行ったことは一度もない。

 その農園でしか味わえない木で熟成した本物のドリアンの味を試食してみたい気はあるのだが、あのとげが頭に刺さったらと思うと、どうも行く気にはなれない。

 ドリアンの木は高いものになると10メートル程度にまで成長するが、実は枝にぶら下がる格好でなるので落下範囲は結構広い。上部から落ちると、途中の枝に当たって、不測の場所に落ちたりするので、リスクは結構、高かったりもする。

 その点、ジャックフルーツの実は、すっくと空に向かう幹そのものに付き、枝にはならないので危険地帯は限られる。ただ、ジャックフルーツの英語名はキャノンフルーツ(大砲の玉)とあるように重さ20キロにもなるものもあり、まともに頭上にくらうと、それこそ“戦死”となりかねない。

(T)