世界日報 Web版

中国がサンプル共有を拒否、専門家は以前から出現予測


ビル・ガーツ

 新型コロナウイルスは、17年前に中国で重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行を引き起こしたウイルスによく似ているが、これは驚くようなことではない。米テキサス大学医学部ガルベストン校「新興ウイルス・アルボウイルス世界レファレンスセンター」のケネス・プランテ副所長が指摘した。

 新型コロナはSARSに似ていることから、専門家の間で「SARS―CoV―2」と呼ばれている。プランテ氏は「このウイルスは興味深いことに、兄弟である元のSARSコロナウイルスによく似ている」と指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ