世界日報 Web版

「バルコニーコンサート」広がる


地球だより

 イタリアは、新型コロナウイルスの発生源、中国武漢市を除くと最大の感染国となってしまった。記者の親戚がイタリア北部ロンバルディア州のベルガモに住んでおり、連絡を取ってみると、自宅で仕事をしているという。

 今心配していることは、90歳に近い祖母の体調が優れないことだ。医者に連絡しても、いつ往診に来てくれるか分からないというのだ。新型肺炎の大感染でイタリアの医療は崩壊しているという。

 そんなイタリアから二つの楽しいニュースが入ってきた。感染リスクの高い祖父母を訪問できない孫たちが絵を描いて「おばーちゃん(おじいーちゃん)、全て良くなるからね」というメッセージを送っているという。その話がフェイスブックに載ると、イタリア全土で大きな反響を呼んだ。

 もう一つは、バルコニーコンサートだ。外出できずに自宅にいる人々がバルコニーに出て国歌や好きな歌を歌い、若者は窓から顔を出してギターを弾く。それを聞いた近所の人がバルコニー越しに流れてくる歌に合わせて一緒に歌いだす、といった光景がニュースで流れた。

 音楽の都ウィーンでは路上芸人や音楽学生たちの「路上のコンサート」が至る所で見られるが、イタリアでは「バルコニーコンサート」が広がっている。

 外出が好きで、家族や友人たちと談笑を楽しむイタリア人にとって、自宅に留まらなければならないことは苦痛に違いない。気分も滅入る。道を挟んで隣からも向こう側からも歌声が広がり、大合唱になる。

(O)