世界日報 Web版

西アフリカ・サヘル地域 新IS国などできないように


山田 寛

 地球の裏側ではイスラム過激派のテロ・ウイルスが増殖している。

 最近特に懸念されているのが、西アフリカ・サヘル(サハラ砂漠南縁)地域のニジェール・マリ・ブルキナファソ3国国境地帯だ。IS(イスラム国)、アルカイダなどが勢力を広げ、ISが中東で支配していたより広い土地を確保する可能性すらあるという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ