世界日報 Web版

北米・中南米 rss

なぜ、自然免疫力が議論されないのか Why is no one talking about natural immunity?

 バイデン政権は、ワクチン接種戦略を追求しており、民間企業や公立大学に対して、勤務や通学ができるための前提条件として新型コロナウイルスワクチン接種を強制することを推奨しさえしている。疾病管理予防センター(CDC)は、すで…

続き

ブラジルで狂牛病2頭、中国への輸出を停止

 ブラジルの保健当局は5日、ブラジル国内で狂牛病(BSE)に感染した牛2頭が発見されたため、最大輸出国でもある中国への輸出を一時的に全面停止したと明らかにした。中国以外の欧州や中東諸国等への輸出状況は不明。  輸出停止は…

続き

タリバンの実権掌握による戦略的勝者は(今のところ)パキスタン Pakistan emerges as strategic winner with Taliban’s triumph – for now

 タリバンは、1990年代に主にパキスタンの情報機関によって設立された強硬派イスラム主義組織だ。アフガニスタンの首都カブールがタリバンの手に落ちたことは、パキスタンにとって戦略的大勝利となるかもしれない。国家安全保障筋に…

続き

石油採掘への公有地リースで政権を提訴 Climate groups sue after Biden administration revives Trump-era drilling leases

 バイデン政権は、石油・天然ガス採掘のための連邦政府所有地リースの再開をめぐる裁判所の命令を受け、メキシコ湾の公有地の使用を認めるトランプ政権時の計画を復活させた。環境保護団体はこれに、米史上最大のオフショア入札と反発し…

続き

ケイコ氏不正献金疑惑、予備審理始まる ペルー

 南米ペルーの裁判所は31日、汚職と資金洗浄などの容疑で、フジモリ元大統領の長女で保守政党「フエルサ・ポプラル」(FP)の党首ケイコ・フジモリ氏(46)に対する予備審理を開始した。  ケイコ氏は、過去の大統領選挙でブラジ…

続き

米軍撤退は「最善の決断」、アフガン戦争終結を宣言

バイデン氏自賛 前政権に責任転嫁も  バイデン米大統領は31日、ホワイトハウスで国民向けに演説し、2001年から続いたアフガニスタン戦争の終結を宣言した。米軍の撤退と民間人の退避について「類いまれな成功」と自賛するととも…

続き

3カ月ぶりの2回目ワクチンーブラジルから

地球だより  先日、2回目の新型コロナウイルスワクチン接種を受けた。1回目の接種を受けたのは5月末だったので、実に3カ月ぶりの接種となる。  接種間隔が空いたのは、別にワクチンを拒否していたわけではない。ブラジル保健省や…

続き

米国 バイデン氏の支持率低下顕著

 就任以来、堅調だったバイデン米大統領の支持率の低下が顕著になっている。新型コロナウイルスの感染者増加や有権者のインフレ懸念に加え、アフガニスタンからの米軍撤退をめぐる混乱が影響している。支持率低下により、来年11月の中…

続き

政府の原発処理水放出計画に毎日が「見切り発車」と非現実的な批判

◆滞る肝心の廃炉作業  政府は、東京電力福島第1原発の放射性物質を含んだ処理水の海洋放出について対策の中間取りまとめを示した。今後、漁業関係者などと意見交換を進めた上で年内に具体的な行動計画を策定する。  これまでに社説…

続き

米軍撤退完了「最長戦」に幕 アフガン

 タリバン「完全な独立」宣言  バイデン米大統領は30日、声明でアフガニスタンからの軍の撤収が完了したと発表し、2001年から続いた「米史上最長の戦争」とも言われるアフガン戦争の終結を宣言した。一方、イスラム主義組織タリ…

続き

バイデン氏の失態は弾劾に相当する Biden’s impeachable offense

 26日の時点で、米国は10万人以上をアフガニスタンから避難させた。グリーンカード所持者、米軍や外交官に協力し、特別移民ビザの発給を受けた人々、難民、一時的な人道的救済を求める人々だ。  今週、国防総省は、避難資格のある…

続き

腰に注射して副反応軽減 ブラジル

 ブラジル南部サンタカタリナ州のジョインビレ市(人口約60万人)では、腰に新型コロナウイルスワクチン注射をすることで副反応の軽減を図っているとして注目されている。  同市では、ワクチン接種が始まった1月から、上腕部ではな…

続き

米国に再びテロの脅威をもたらすアルカイダ Al Qaeda emerges again as terror threat to U.S.

 バイデン米政権幹部は、イスラム主義組織タリバン統治下のアフガニスタンで国際テロ組織アルカイダが復活する脅威を軽く見ている。だが、安全保障専門家や元米軍幹部、議員、さらには国連からも、タリバンがカブールで権力を取り戻した…

続き

米ファイザー製のワクチン、米で使用を正式承認

「ワクチンパスポート」導入へ、ブラジル・サンパウロで

 ブラジル最大都市サンパウロのヌメス市長は23日、「ワクチンパスポート」制度の導入を発表した。30日から実施され、サッカー観戦など多くの人々が集まるイベントで提示が義務付けられる。  ワクチンパスポートは、新型コロナウイ…

続き

米大統領 期限通りアフガン撤退

延長ならテロのリスク  バイデン米大統領は24日、ホワイトハウスで演説し、今月31日までとしていたアフガニスタンからの米軍撤退期限について、延長しない方針を明らかにした。  バイデン氏は、アフガンからの米国人や通訳などの…

続き

もう一つの国家安全保障問題 The other national-security issue

 刑務所暮らしをしている米国人の割合は減少している。そして、そのことは、何かしら称賛に値することのように見える。しかし、自画自賛する前に、少し掘り下げて考えてみたい。監房のドアに「空室」の表示が掲げられる理由は、必ずしも…

続き

経済活動制限を解除 サンパウロ州

1年半ぶり ブラジル  昨年4月以来、常に新型コロナウイルス流行の中心地となってきたブラジルだが、新型コロナワクチンの接種進捗(しんちょく)に伴い、新規感染者と死者が激減している。サンパウロ州の保健当局は22日、州内64…

続き

トランプ氏「米史上最大の屈辱」

バイデン政権を批判  トランプ前米大統領は21日、アラバマ州で行われた集会で演説し、バイデン政権によるアフガニスタンからの米軍撤退直後にタリバンが首都カブールを占領したことをめぐり、「米国史上最大の外交政策上の屈辱」だと…

続き

米軍撤収で中国がテロ標的に、アフガンは「帝国の墓場」

ワシントン発 ビル・ガーツの眼  デービッド・スティルウェル前米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、中国は米国が巨額の予算を投じてアフガニスタンに軍を駐留させ、安全を維持してきたことから利益を得てきたが、米軍が撤収を開…

続き

アフガニスタンで戦略的勝利を手に入れた中国 China gets strategic win in Afghanistan

 アフガニスタンからの米軍の撤退と米国が支援したアフガン政府・軍の驚くべき崩壊から、中国は戦略的利益を得るだろう。だが、その成功を相殺する要素もある。中央アジア国境で過激なイスラム国家と向き合うことへの中国共産党の懸念と…

続き

石油業界、公有地の使用許可凍結で政権を提訴 Oil industry sues Biden administration over ‘unprecedented’ leasing freeze

 バイデン政権は16日、石油・天然ガス採掘のための公有地の使用許可を再開すると発表した。その一方で政権は、使用許可の停止は連邦法に違反するという裁判所の判決を不服として、控訴している。  内務省の発表は、米石油協会(AP…

続き

コロナ禍でも廃れない握手の文化ー米国から

地球だより  昨年の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国でもあいさつする時の習慣である握手やハグを避け、社会的距離を取るようになった。しかし、ワクチンを接種する人が増える中で、再び目にするようになった。  5月にキリ…

続き

クオモ米NY州知事の醜聞

 アメリカの民主党に対して、昔から「無能な連中」「腐敗だらけの行政」「有権者を騙(だま)す」「強引な政治」などの批判がある。もちろん、その一部は、共和党系の支持者、メディアによる「党派的」なものだが、あいにく、今月に入っ…

続き