世界日報 Web版

韓国・北朝鮮 rss

韓国の高層ビルに潜む危険

地球だより  ソウルの日本人駐在員とその家族が多く住む東部二村洞という地区は別名「日本人村」と呼ばれる。70年代に外国人向けマンションが建設され、ここに入居するようになったのがその始まりで、まだハングルが分からない日本人…

続き

6カ国協議再開の“壁” 韓米日の条件堅持見直しを

韓国紙セゲイルボを読む  5年近く立ち止まったままの6カ国協議が最近になって動きだそうとしている。議長国の中国が平壌のメッセージを持って米国に立ち寄り、北朝鮮の今後の履行措置を韓米日が調整しており、協議再開が見通せる圏内…

続き

韓国の朴槿恵大統領、任期中に統一基盤準備

極東開発事業に南北とも期待  韓国の朴槿恵大統領が韓半島の平和的統一に向けた基盤を任期中に準備することに改めて意欲を示した。南北分断が固定化し、韓国国民の関心も薄れつつある統一問題は本当に動きだすのだろうか。(ソウル・上…

続き

韓国憲法裁の「慰安婦」判断-「月刊朝鮮」より

背景に法曹界の左傾化/日韓基本条約の見直し要求も  日韓対立の焦点となった「慰安婦」が問題化したのは韓国憲法裁判所の判断が切っ掛けだった。2011年8月、憲法裁は「韓国政府が慰安婦問題を放置しているのは違憲行為だ」との決…

続き

デジタル証拠-「月刊朝鮮」より

内乱陰謀事件公判以前から議論  韓国野党の統合進歩党の李石基(イソッキ)議員が内乱陰謀罪で逮捕され、10月から公判が始まっている。各種の証拠が出てきているものの、「国会議員が北の指令を受けて武装蜂起しようとしていた」とい…

続き

「内乱陰謀」で審判台に立たされた統合進歩党

韓国紙セゲイルボを読む  韓国政府は「内乱陰謀罪」で逮捕者(李石基〈イソッキ〉議員)を出した統合進歩党の目的や活動が憲法の民主的基本秩序に背反すると判断して、憲法裁判所に政党解散審判を請求し、同党の活動を停止する仮処分申…

続き

日本の「集団的自衛権行使」 韓国人の拒否感の背景に100年前の記憶

韓国紙セゲイルボを読む  米国が日本のの安倍政府の「集団的自衛権」行使を事実上支援している昨今の状況を、大多数の韓国人は複雑で息苦しい心境で眺めている。  米国は韓国動乱(1950~53年)を契機に、日本を東北アジア安保…

続き

韓国の大学修学能力試験事情

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「こっぱみじんになった言語領域よ/解いても答えがない数理領域よ/解いていて疲れ果てる社会探求・科学探求領域よ/解釈していると息も絶えそうな外国語領域よ/試験用紙に残った問題一つは/…

続き

韓国の左派政治勢力が連帯模索

民主党が安哲秀氏に働き掛け 親北疑惑の統合進歩党は除外  韓国で左派系政治勢力が新たに連帯する動きを見せている。最大野党の民主党と昨年の大統領選で野党系有力候補だった無所属の安哲秀議員を支持するグループがその中心で、今後…

続き

朴槿恵大統領の「大蕩平」人事はどこへ行った

韓国紙セゲイルボを読む  権力機関長指名をめぐる論議が続いている。「普泗馬(チンサマ)」という言葉がある。人は晋州(チンジュ)、泗川(サチョン)、馬山(マサン)出身者でなければならないという意味だ。5大権力機関長中2人が…

続き

相次ぐ北朝鮮崩壊シナリオ 周辺国などの責任区分が必要

韓国紙セゲイルボを読む  最近になって韓半島統一を論じる外国ニュースがしばしば目に触れる。「米中、北朝鮮崩壊対応責任区域、あらかじめ決めなければ」「北朝鮮前兆なしで突然崩壊の可能性大」「北崩壊時、米中新38度線引く」「北…

続き

北がある限り… 韓国から

地球だより  内乱陰謀罪で韓国中を騒がせた事件の母体となった親北朝鮮政党・統合進歩党。強制的に解散させるべきだという世論が高まっていた中、昨日ついに韓国政府が憲法裁判所に解散審査を請求した。これで物議を醸し続けた同党が消…

続き

北朝鮮レアアースの経済価値いかに

埋蔵量世界2位?含有量は不明  スマートフォンなど通信機器の部品や液晶パネル、航空機エンジンなどの材料として幅広く使用され、中国の対日輸出規制で大騒ぎにもなったレアアース(希土類)が北朝鮮にかなりの量埋蔵されていることが…

続き

国益優先の決断に学べ

 朴槿恵大統領の父、朴正熙元大統領は「親日派・売国奴」「独裁者」という非難と反対デモの真っ只中で1965年、韓日国交正常化を強行した。反日より国益を優先した決断だった。日本からの資金8億㌦(無償3億、有償2億、借款3億)…

続き

コリア史7部作を完成させて作家の片野次雄氏に聞く

認識は違っても事実は共有可能  歴史認識をめぐり、ぎくしゃくした関係が続いている日本と韓国。その歴史認識のもとになるのは歴史的事実だが、両国民は隣国の歴史をどれくらい知っているだろうか。片野次雄氏のコリア史7部作は、日本…

続き

政治的中立性に欠ける韓国メディアの報道傾向

韓国紙セゲイルボを読む  現在、韓国は真っ二つに分かれて、対立を繰り返している。それは単に政党だけでなく国民までがすべて二つに分かれているように見える。先の総選挙と大統領選挙で勝利した政府与党は味方でない反対側に存在する…

続き

韓国紙東京特派員「最悪の状況の今こそ対話を」

韓国紙セゲイルボを読む 李藝に学ぶ韓日外交術  韓日関係は1965年、国交正常化以来、最悪の状況に至っている。これを解決するために、外交と対話を通じて、韓日関係を切り開いてきた歴史的前例に学ぶ必要がある。鶴城李氏の始祖で…

続き

貴いキムチ

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  キムチは韓国人の飲食文化の象徴だ。強く引かれる味はないが、食べないとなんとなく寂しい食膳上の“大の親友”だ。海外旅行に出ると、自宅と同じくらい懐かしいのがキムチだ。  「いちいち種…

続き

北朝鮮の金正恩第1書記 いまだ“操り人形”

張氏の摂政下 軍で暴走も  北朝鮮の最高指導者・金正恩第1書記による本格的な統治が始まり間もなく2年が経過しようとしているが、金第1書記は実際には依然として陰の実力者で叔父の張成沢・労働党行政部長に背後で操られているとの…

続き

左翼系教職員組合にメス 韓国政府

 親北反米の偏向的理念教育を現場に持ち込むことで知られる韓国の全国教職員労働組合(全教組)に対し、このほど政府が「法外労組」を通告した。補助金打ち切りなどの憂き目に遭う全教組は反発しているが、弱体化は避けられないとの見方…

続き

「北に人権はない」 在英の脱北者が証言

国連調査委、ロンドンで公聴会 北朝鮮の人権問題を調査している国連調査委員会(マイケル・カービー委員長)による公聴会が23日、ロンドン市内で行われ、英国在住の北朝鮮脱出住民(脱北者)が赤裸々に証言した。脱出住民は送還後に北…

続き

日米同盟の深化と韓国の立場

東洋学園大学教授 櫻田 淳 戦略的に対日重視の米「歴史」と安保協力の峻別を  去る10月3日、日米両国政府は、外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2+2)を開いた。その結果として、日米同盟の下での安全保障協力…

続き

隗より始めよ 韓国から

地球だより 先日、一時帰国してビックリしたのは、日本人の韓国に対する認識がひどく厳しかったことだった。実家の近くに住む兄の家に寄ったら、義理の姉が「パク・クネは歴史を知らな過ぎる!」と珍しく鼻息を荒くしていたし、旧友に会…

続き