世界日報 Web版

中国 rss

「北京2022」への対応を考える秋

東洋学園大学教授 櫻田 淳 「体制の宣伝」利用は明白 西側がボイコットなら日本も  「東京2020」(東京オリンピック・パラリンピック)の開幕まで、3週間を切った。オリンピック・パラリンピックが単なる「スポーツ競技の場」…

続き

中国、対米長期戦を覚悟 外圧を国民団結に転化

 【北京時事】中国の習近平国家主席は1日、共産党創立100年の記念式典で演説し、対中包囲網形成を進めるバイデン米政権に譲らない強硬姿勢を前面に打ち出した。米国との対立長期化を見据え、外圧を国民の団結に転化させる狙いがある…

続き

拓殖大学顧問 渡辺利夫氏

迫る台湾海峡有事へ備えを

中国共産党100年 ―識者はこう見る 拓殖大学顧問 渡辺利夫氏  ハワイ真珠湾に統合基地を置く米インド太平洋軍の新司令官にジョン・アキリーノ海軍大将が就任した。就任に先立つ米上院での指名承認公聴会において、氏は中国による…

続き

習氏、「強国」アピール

中国共産党100年 自画自賛の歴史観  【北京時事】中国・北京で1日行われた共産党創立100年を記念する式典で、習近平党総書記(国家主席)は世界第2位の経済大国を実現した党の実績を誇示し、次の目標となる「強国」実現にまい…

続き

香港、厳戒態勢で抗議封じ

中国共産党100年 警備に大量動員、中心部封鎖  【香港時事】中国共産党創立100年に加え、英国から中国への香港返還24年を迎えた1日、香港では市民の抗議活動を封じるべく、厳戒態勢が敷かれた。香港では毎年、返還記念日に民…

続き

習氏、台湾侵略へ野心 「次の100年」に照準

中国共産党100年 中国軍拡、焦る米軍  中国の習近平国家主席(共産党総書記)は1日、共産党創立100年の記念式典で「祖国統一が党の歴史的任務だ」と表明し、台湾統一への野心をあらわにした。平和統一の機運がしぼむ中、習氏は…

続き

持ち続けた「世界覇権」の野望

中国共産党100年 ―識者はこう見る 評論家 石平氏  中国共産党が持っているDNAには、世界覇権を目指す野望がある。  そもそも100年前の共産党大会も、旧ソ連のコミンテルンの指導の下で行われた。コミンテルンは旧ソ連が…

続き

人権弾圧国家は恥を知れ! 親中派が妨害行為

中国共産党100年 都内で犠牲者追悼し行進  中国共産党の結党から100年となる1日、中国当局による少数民族への人権弾圧や、天安門事件などによる犠牲者を追悼する集会とデモ行進が都内で行われた。中国共産党の支持者とみられる…

続き

習氏、経済発展誇示へ 中国共産党、きょう創立100年

中国共産党100年  【北京時事】中国共産党は1日、創立100年の記念式典を北京で開く。式典では習近平党総書記(国家主席)が演説し、経済発展の成果を強調する見通しだ。来秋の党大会で3期目続投が確実視されている習氏は、10…

続き

一党支配維持し米国凌駕狙う中国

中国共産党100年 ―識者はこう見る 中国問題グローバル研究所所長・遠藤 誉氏  中国共産党は今年7月1日に建党100周年記念を迎えるが、権力の座をめぐって裏切りと陰謀の100年間だったと言っていい。政権奪取後に自国民を…

続き

中国共産党100年 「暴力と謀略」への対処誤るな

 中国共産党が創建100周年を迎えた。1921年7月にコミンテルンの指導の下、上海で第1回党大会を開催。コミンテルンはソ連国際共産主義運動の指導統制組織で、世界革命を目指した。中国共産党には、世界覇権への野心が組織のDN…

続き

 石川 禎浩氏(いしかわ・よしひろ)1963年山形県生まれ。京大大学院文学研究科修士課程修了。博士(文学)。専門は中国近現代史、中国共産党史。2013年から現職。

「革命党」の本質変わらずー中国共産党史研究 京大・石川禎浩教授

中国共産党100年  7月に創立100年を迎える中国共産党は、徹底した情報統制など、「革命党」として結成した当時の属性を今も変わらず維持している。  14億の人口を抱える経済大国のかじ取りを担う政権党となった今、問われて…

続き

中国共産党創設期主要メンバーの李大 旧宅敷地内にある展示室23日、北京(時事)

日本留学組が結成主導 「毛沢東の先生」李大釗ら

中国共産党100年 香港弾圧 色あせた理想 中国共産党100年  【北京時事】中国共産党創立100年を記念する7月1日に向け、習近平指導部はマルクス主義を最初に伝えた李大釗や、党初代最高指導者・陳独秀ら結党時の指導者を盛…

続き

国家的権威失いつつある中国

元統幕議長 杉山 蕃 軍事面でも包囲網強まる 日米豪印と欧州3ヵ国が連携  3月の米中外交トップ会談で、多分に威圧的態度を楊潔●(「竹かんむり」に「褫」のつくり)代表が国際メディアに見せつけて以来、所謂(いわゆる)中国包…

続き

台湾問題で妥協「容易でない」 中国、武力行使は将来の選択肢

中国共産党100年 張五岳・淡江大副教授に聞く  【台北時事】中国共産党創立から100年を迎える習近平政権の対台湾政策などについて、両岸(中台)関係に詳しい台湾の張五岳・淡江大副教授に聞いた。 習政権の台湾に対する強硬姿…

続き

かつて自由な「革命拠点」 今 言論弾圧の対象に

中国共産党100年 香港 皮肉な巡り合わせ  【香港時事】中国共産党創立100年の節目を7月に控え、習近平政権に対する異論排除の動きが加速している。香港では民主活動家の実刑判決が相次ぎ、中国政府に批判的な香港紙・蘋果日報…

続き

中国のステルス戦闘機「殲20」=2016年11月、広東省珠海市(EPA時事)

中国軍 共産党に忠誠 進む兵器近代化 米軍を脅かす

中国共産党100年  【北京時事】中国軍(正式名称・中国人民解放軍)は、急速に実力を向上させている。7月1日の共産党創立100年式典では第5世代ステルス戦闘機「殲20」が編隊飛行する見通しだ。兵器の近代化が進む一方で、共…

続き

中台分断後初めて中国を公式訪問した台湾の江丙坤・国民党副主席(左)と握手する共産党幹部の賈慶林・人民政治協商会議(政協)主席(いずれも当時)=2005年3月、北京(AFP時事)

抗日戦、歴史認識で残る溝 譲らぬ正当性、打算の「和解」

中国共産党100年 中国共産党と台湾国民党、内戦から75年  【台北時事】7月に創立100年を迎える中国共産党と、現在台湾最大野党の国民党は、75年前の1946年6月26日、当時の中国大陸で全面的な内戦に突入した。敗れた…

続き

イスラム教徒の少数派ウイグル族らを収容して再教育する施設とみられる建物=2019年6月、中国・新疆ウイグル自治区アクト(AFP時事)

独裁維持へやまぬ人権弾圧 文革の「過ち」封印

中国共産党100年  【北京時事】7月に創立100年を迎える中国共産党は独裁維持のため国内の異論を抑圧し続けてきた。「建国の父」毛沢東が発動し多くの国民の命を奪った文化大革命(文革、1966~76年)は党として人権弾圧を…

続き

中国人民解放軍海軍誕生地記念館に展示されている毛沢東の海軍視察写真と「強大な海軍」の筆跡=9日、江蘇省泰州市(時事)

海洋覇権目指す中国 「民族的屈辱」が原点

中国共産党100年  【北京時事】中国共産党は7月、1921年の創立から100年を迎える。かつて山中で敵から逃げ回っていた共産党が率いる中国は世界第2位の経済大国となったが、歴史観は「民族の屈辱」に根差している。「屈辱」…

続き

香港紙発行停止、言論の自由を潰す中国の暴挙

 中国が香港の「一国二制度」を無視して制定した国家安全維持法(国安法)によって、言論の自由を本分とする新聞社「蘋果日報」(リンゴ日報)を発行停止に追い込んだ。中国に不都合な言論活動を取り締まり、報道の自由を力ずくで潰(つ…

続き

チベット侵略を正当化する中国

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ ギャルポ 「白書」発表し必死に弁明 近代化強調も目的は支配強化  世界が中国の正体に目覚め、今や中国は世界中から警戒される対象となっている。つい1年ほど前まで日本では世界日報など限ら…

続き

中国軍 核先制不使用を放棄か、指揮管制システムを拡充

 米国防大学の中国軍問題研究センターのフィリップ・ソーンダース所長は、米連邦議会の米中経済安全保障見直し委員会で、増強が進む中国の核ミサイル、爆撃機、潜水艦の指揮管制システムをめぐって証言、新システムの下で中国が、核先制…

続き