世界日報 Web版

連載 rss

“批判”のち“エール”が大半の筋 朝日新聞 大虚報の“ツケ”(中)

社長謝罪後の朝日「声」のページ  朝日新聞は9月11日夜に、「吉田調書」記事への「説明の場を設け」るとして行った緊急記者会見で、木村伊量(ただかず)社長が吉田調書報道の誤りを認めて5月20日の当該記事を取り消し読者と東電…

続き

鳴りっぱなしの電話を取らない広報 朝日新聞 大虚報の“ツケ”(上)

さらけ出した社と新聞の劣化  「〇〇さんでしたね。あなたの所属は?」  「電話交換課です」  「それは総務局か部の中にあるのですか」  「それはちょっと……………」  「あなたはそんなことも分からないで電話受けをしている…

続き

最優先課題、慎重要す消費再増税判断 第2次安倍改造内閣スタート(下)

 「引き続き経済最優先でデフレからの脱却を目指し、成長戦略の実行に全力を尽くす」――。安倍晋三首相は新内閣発足後の会見の冒頭でこう表明した。地方の創生、安全保障法制の整備、拉致問題の解決など内閣の最優先課題を実現するため…

続き

政権基盤、全力で「日本取り戻す戦い」を 第2次安倍改造内閣スタート(上)

 安倍晋三首相の「日本を取り戻す戦い」の第2章が始まった。2012年12月26日発足の第2次安倍内閣は、閣僚が一人も交代することなく戦後最長の617日続いた。今回の改造は、その記録に自ら終止符を打つもので、首相が熟考を重…

続き

ネット投票、金融街占拠は違法 「愛護香港力量」招集人 李家家氏

香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方(下)  ――7月1日の民主派組織「民間人権陣線」の大規模デモは香港警察の発表で9万8600人、主催者発表で51万人、香港大学民意研究計画の調査では17万人となっている。デモが行わ…

続き

愛国意識足りない民主派 「愛港之声」主席 高達斌氏

香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方 (上)  香港の民主派が行政長官選挙の真の普通選挙を実現する案が受け入れられない場合、金融街の中環(セントラル)を占拠する運動を計画していることに対し、親中派の民間組織「愛護香港…

続き

TPP交渉 共同声明遅れ、困難さ浮き彫り

日米首脳会談 成果と課題(下)  安全保障面ではオバマ米大統領が、沖縄県の尖閣諸島について、日米安全保障条約第5条の適用対象であると明言するなど大きな成果を上げた一方で、環太平洋連携協定(TPP)の2国間交渉は大筋合意に…

続き

安全保障、アジア主導する同盟で一致

日米首脳会談 成果と課題(上)  「日米同盟はかつてないほど盤石だ」  安倍晋三首相は、日米首脳会談後の記者会見でこう強調し、胸を張った。日米同盟がアジア太平洋地域で主導的役割を果たすことで一致し、両国の強固な連携を内外…

続き

米で広がる台湾・尖閣放棄論 米大西洋評議会上級研究員ロジャー・クリフ氏に聞く(下)

新QDRと米中軍事バランス  ――中国の接近阻止・領域拒否(A2AD)戦略は、米軍の戦力投射能力にどのような脅威をもたらしているか。  米軍の戦力投射能力の中心は戦闘機と空母だ。西太平洋にある米国の航空基地には、沖縄の嘉…

続き

「質的優位」維持に逆行する米 米大西洋評議会上級研究員 ロジャー・クリフ氏に聞く(上)

新QDRと米中軍事バランス  オバマ米政権が発表した「4年ごとの国防計画見直し(QDR)」の下で、米国は軍拡に邁進(まいしん)する中国に対し優位を維持できるのか。アジア太平洋地域の軍事バランスが崩れつつある中で、日本は何…

続き

フィリピン アキノ大統領の警告

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(10)  中国の平和的台頭がフィクションでしかなかったことは、誰もが知るところとなっている。  今月初旬、アキノ比大統領はニューヨーク・タイムズからインタビューを受け、…

続き

インド洋 中国が要衝の海に布石

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(9)  インド洋は、21世紀の世界経済と安全保障の鍵を握る海洋となる見込みだ。  GDP(国内総生産)で米国に次ぐ経済力を有するようになった中国は経済新興国の先頭を走っ…

続き

台湾金門島 「対中」正念場迎える馬総統

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(8)  対岸の中国福建省厦門(アモイ)まで、最短部でわずか2㌔弱の金門島は台湾に属する。  その厦門から金門島に渡った。わずか1時間の船旅だ。フェリー「和平の星」のチケ…

続き

ディエンビエンフー ニクソンの鋭い状況判断

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(7)  ディエンビエンフーはハノイから車で半日要した。第2次大戦後の1954年、フランス軍をベトミン(ベトナム独立同盟会)軍が駆逐していった決定的な戦いとなった場所だ。…

続き

中印回廊 ミッシングリンク接続へ

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(6)  中国雲南省の瑞麗市と国境を接するムセからミッチーナに向かった。直線距離にして200㌔㍍でしかないが、かかった時間は40時間。ムセからミッチーナまでは反政府武装少…

続き

ミャンマー国境都市ムセ 機能する通報システム

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(5)  中国雲南省の瑞麗市と国境を接するムセに入った。ホテルにいたフランス人バックパッカーは、うんざりしたような顔を見せ「見るものなんて何もない退屈な町だ。これからもう…

続き

ミャンマー・シャン州 辺境が戦略的要衝の地に

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(4)  マルコ・ポーロは「東方見聞録」の中にビルマを「人も居住も見当たらず、多くの象と一角獣のいる国」と記している。ユニコーンを彷彿(ほうふつ)させる一角獣は、モヘンジ…

続き

ミャンマー反政府勢力はなぜ油送管を襲わないのか

 ベンガル湾に面したミャンマーのチャオピューと中国雲南省を結ぶパイプラインが昨年夏から、稼働を始めた。中国の最大の狙いはマラッカリスクの回避だ。  マラッカ海峡は狭いところは幅がわずか2・7㌔。有事になれば、簡単に封鎖さ…

続き

ラオス第4メコン橋 タイと中国結ぶ流通回廊へ

新グレートゲーム 第2部幻想だった中国の平和的台頭(2)  節はずれの雨が、ピアノの鍵盤を打つように、タマリンドの小さな葉を揺らしている。  昨年12月、メコン川をはさんでタイのチェンコーンとラオスのフアイサイを結ぶメコ…

続き

ラオス・ボーテン 輸出された幽霊都市

新グレートゲーム 第2部 幻想だった中国の平和的台頭(1)  マカオがラスベガスのカジノを凌駕(りょうが)し、シンガポールがカジノ参入に成功した事実は、東南アジアのカジノビジネスに希望と活力を与えている。  カジノビジネ…

続き

日米同盟強化に有事リスクも適正な分担を 民主党副幹事長 長島昭久氏(下)

2014世界はどう動く識者に聞く(21)  ――安定した日米同盟関係を構築するには?  米国が危機に瀕(ひん)した時、日本は米国を助ける条約上の義務を負っていない。しかし、本当の友人というのは、危機の時に分かる。調子のい…

続き

中華新秩序、「力の空白」逃さず侵出 民主党副幹事長 長島昭久氏(上)

2014世界はどう動く識者に聞く(20)  ――中国の脅威をどう分析するのか。  中国の脅威というのは、ソ連型ではない。つまり、イデオロギーを背景にして、領土や勢力圏を拡張していくといった露骨な姿勢はないけれど、一皮二皮…

続き

中国国家安全委は危機管理ではなく創出へ 拓殖大学客員教授 石 平氏(下)

2014世界はどう動く識者に聞く(19)  ――昨秋の3中総会(中国共産党中央委員)では国家安全委員会設置が決まった。中国版NSCのトップは誰になるのか。  3月の全国人民代表大会(全人代)で決まるが、今の状況では習近平…

続き