世界日報 Web版

PodCast rss

【Podcast】防衛政策の将来 自立できない軍事力 軍事アナリスト・小川和久さんに聞く

 中国は建国100年の2049年には米国を追い越すことを目標に地力を蓄えている。一方、ドローン(無人機)やAIを活用した軍事技術やサイバーセキュリティでは日本は先進国の中でも最下位のレベルだ。日本の防衛政策について軍事ア…

続き

【Podcast】尖閣で手を出せない中国 危機管理のない日本 軍事アナリスト ・小川和久さんに聞く

 毎日のように尖閣沖に侵入する中国船、一触即発の危機にあるが、軍事衝突が起これば全面戦争に発展することが分かっている中国は手を出してこない。この「棚上げ海域」で日本はいかに対処したらいいのか。危機管理も含めて軍事アナリス…

続き

【Podcast】台湾有事は日本有事だ 中国の台湾侵攻、リアリティなし  軍事アナリスト ・小川和久さんに聞く

 台湾と中国の航空機が入り乱れて飛べば、あっという間に日本領空に入り、フィリピン沖にまで広がる。つまり台湾有事は即、日本有事となる。中国の台湾侵攻はリアリティがない。むしろ警戒すべきはハイブリッド戦略だ。台湾に“新中国雰…

続き

【Podcast】走り始めた韓国大統領選 尹錫悦、李在明、李洛淵

 来年3月に予定されている韓国大統領選挙。最近、次々に下馬評に載っていた人物らが出馬意思を明らかにしている。1番人気の尹錫悦前検事総長は国会議員でもなく、政党にも属さない。2番手の李在明京畿道知事は与党でも非主流派だ。9…

続き

【Podcast】日本をどうする? 元経産官僚、パソナグループ顧問 中村稔氏に聞く

 日本は世界の時価総額ランキングで30年前には上位50社中32社入っていたが、現在(2019年)はトヨタ1社のみ。この状況を立て直していくにはどうしたらいいか。第一は「教育」の見直し、そして遅れたデジタル化への対応だ。経…

続き

【Podcast】地方創生の3段階 なぜ、何を、どうやるか 元経産官僚、パソナグループ顧問 中村稔氏に聞く

 地方創生には3つの気(やる気、本気、勇気)が必要で、さらに「なぜ、何を、どうやるか」の戦略、戦術、方法論が備わっていなければならない。地元の「宝の山」に気付き、認めてもらうまで広報し働きかけてはじめて地方創生は成功する…

続き

【Podcast】技術革新を妨げる軍事技術アレルギー 元経産官僚、パソナグループ顧問 中村稔氏に聞く

 経済産業省でエネルギー、サイバーセキュリティ、地域振興などに携わってきて中村稔氏(現パソナグループ顧問)に軍民共用技術へのアレルギーが日本の技術開発・革新の足を引っ張ってきた現状を聞いた。 (音声を収録しました)

続き

【Podcast】倫理経営理念を 感性なき者は次代の経営者資格なし ㈱リブラン創業者・鈴木靜雄さんに聞く

 経営を1度ゼロにし建て直していくことで、強靭な体力をつけ、社会貢献できる企業にする。倫理法人会の活動をベースに倫理経営理念を実践している㈱リブラン創業者の鈴木靜雄氏に話を聞いた。 (音声を収録しました)

続き

【Podcast】住宅通して社会問題を解決 子育てマンションなど ㈱リブラン創業者・鈴木靜雄さんに聞く

 企業活動を通じて社会貢献する、しかも本業の周りで取り組む。これを企業理念として長年成長を続けてきた㈱リブランの創業者・鈴木靜雄氏に企業の社会貢献について、ライダーズマンションやコンサートホール、“離婚しないマンション”…

続き

【Podcast】企業は社会運動体 山籠り特訓で得た不動心 ㈱リブラン創業者鈴木靜雄さんに聞く

 東武東上線沿線で不動産・住宅産業を手掛ける㈱リブランの創業者・鈴木靜雄さんをゲストに招き、30歳の時に受けた陽明学の大家・行徳哲男氏が指導する山籠り特訓が人生に与えたもの、企業と社会貢献などについて聞いた。 (音声を収…

続き

【Podcast】米朝対話の見通し バイデン新政権で進展はあるか?

 膠着状態に陥っている北朝鮮の非核化が、バイデン米新政権の誕生で動き出すのか。新政権はトランプ前大統領とは違う手法で対北アプローチを取ることが予想される中、韓国の文在寅大統領が訪米し、何を働きかけるのか。米朝対話の見通し…

続き

【Podcast】コロナで露呈した日本の脆弱性 緊急事態条項を

 新型コロナウイルス事態で日本国家の脆弱性が露呈した。平時には問題ないとしても、有事に対する体制が憲法に明記されていないことが、対応のまずさを招いている。「加憲」による自衛隊明記と共に緊急事態条項を加えることが緊要の課題…

続き

【Podcast】読書に没頭した少年時代 下村博文自民党政調会長の体験

 下村博文自民党政調会長の本好きは父親を幼くして亡くし貧しい生活を送っていた小学生の頃、本に親しんだのが切っ掛けだった。図書館の本を片っ端から読み漁って、その膨大な読書量が政治家下村博文を形作ったと言ってもいい。読書の有…

続き

【Podcast】GDW興国論「幸福度世界一の国」を目指す 下村博文自民党政調会長に聞く

 コロナ後の世界を見据えて、国民総生産(GDP)に代る指標として幸福度を重視する社会「幸福度世界一の国」を目指そうと、自民党の政務調査会長である下村博文氏が「GDW興国論」を世に問うた。その取り組みを聞く。 (音声を収録…

続き

「人民元の基軸化」の深謀 日本の弱腰突いた「海警法」遠藤誉さんに聞く【PTV RADIO:098 #3】

 中国の中東戦略は、米の制裁でドル決済のできない中東産油国と、人民元を基軸通貨にしようとする中国の思惑が合致したもの。南シナ海でシーレーンが止められた時の陸路でのエネルギー確保も狙う。海警法は日本の弱腰を見越したもの。日…

続き

父を失脚させた鄧小平への復讐 習近平の動機を探る 遠藤誉さんに聞く【PTV RADIO:098 #2】

 習近平の「毛沢東回帰」の裏には鄧小平によって失脚させられた父・習仲勲の恨みを晴らそうとする復讐がある。また深セン、香港、マカオを結ぶグレイターベイエリア構想は元々鄧小平よりも前に習仲勲が描いていた経済圏構想が下絵となっ…

続き

米中アラスカ会議の真相 遠藤誉さんに聞く【PTV RADIO:098 #1】

  米中アラスカ会議では激しい言葉のやり取りがあったが、終わってみれば「いい会議だった」と中国は満足を示した。120年前の屈辱(北京議定書)を晴らそうと中国は周到な準備を重ね、米バイデン政権から言質を取り、日米韓の一角韓…

続き

自民党総裁選前の解散もあり?ジャーナリスト・安積明子さんに聞く【PTV RADIO:097 #3】

 衆議院議員の任期は10月、その前に自民党総裁選が行われるとみられるが、順番を逆にして、総選挙を行ったうえで総裁選を行い、菅氏が再選されるシナリオもささやかれている。人気低迷の中で迎える選挙での秘策はあるのか。訪米では“…

続き

小池百合子氏の国政進出説!?  ジャーナリスト・安積明子さんに聞く【PTV RADIO:097 #2】

 今年2021年は国政選挙の年となる。前哨戦は北海道、長野、広島の補欠選・再選だ。さらに7月の東京都議選。7月~8月に五輪・パラリンピックが予定され、その後には自民党総裁選、衆院解散総選挙が控えている。東京都の小池百合子…

続き

男目線の女性登用では何も変わらない ジャーナリスト・安積明子さんに聞く【PTV RADIO:097 #1】

 森喜朗五輪組織委員会会長が「女性蔑視」発言で辞任に追い込まれた。後任には五輪担当相だった橋本聖子氏が就き、五輪相には丸川珠代氏が登用された。開催都市の長は小池百合子知事。形だけ女性を用いても、それはあくまで男性目線での…

続き

米はウイルスを知っていた? 発表前にワクチン開発に着手【PTV RADIO:096 #3】

 中国が新型コロナウイルスを認めたのは2020年1月8日のこと。しかし米では19年12月からワクチン開発が行われていた。米国はウイルスの存在を知っていた可能性が出てきている。バットウーマンこと石正麗研究員は何をしていたの…

続き

ミャンマークーデターに中国の影 漫画家・孫向文に聞く【PTV RADIO:096 #2】

 ミャンマーで軍事クーデターに中国の「影」が濃厚だ。直前の王毅外相が訪問し、反政府側の軍部の「兄弟」と面会している。街中の“軍人”からは中国語が聞こえてくる。催涙弾には簡体字のラベルが。対価として中国はミャンマーの鉱物資…

続き

日本に帰化しました 漫画家・孫向文に聞く【PTV RADIO:096 #1】

 「中国人漫画家の孫向文」さんが2月帰化が認められ晴れて日本人となった。帰化した理由とともに、馴染みのない帰化の実情を実体験をもとに語ってもらった。意外にも日本国への思いは問われず、簡単で緩い基準で帰化が認められている。…

続き