世界日報 Web版

写真 rss

日本の伝統的酒造り技術が登録無形文化財に

酒造り・書道 生活文化の価値再認識しよう

 文化審議会は、日本の伝統的な酒造りの技術と書道の技法を登録無形文化財とするよう末松信介文部科学相に答申した。近く正式登録される。食文化や書道などの生活文化が無形文化財となるのは初めてだ。  いずれも国連教育科学文化機関…

続き

緊急事態、13都府県に拡大「特効薬と思えぬ」

JR変電所火災 不測の事態への対応力高めよ

埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所の火災によって停電が発生し、首都圏を走る多くの路線が一時運転を見合わせた。一部は終日運休するなど約23万6000人が影響を受けた。  変電所の火災による大きな混乱は、これまでも繰り返され…

続き

(左)インタビューに答える立憲民主党の枝野幸男代表=14日午前、東京・永田町、(右)インタビューに答える自民党の甘利明幹事長=15日午後、東京・永田町の同党本部

「立・共に危機感」 甘利幹事長、「選択肢つくれた」枝野代表

 14日に衆院が解散され、与野党は一斉に総選挙に向かって動き始めた。公示日を前に、各党幹部が時事通信社などのインタビューに応じた。 「立・共」協力に危機感 甘利明自民党幹事長 衆院選の最大の争点は。  衆院選は政権選択選…

続き

ドコモ通信障害 重要インフラ担う責任自覚を

NTTドコモの通信障害が発生し、少なくとも約200万人に影響が出た。  いまや携帯電話サービスは生活に欠かせないものとなっている。混乱を招くことがないよう、トラブルに対する備えを万全にすべきだ。 サーバー切り替えで発生 …

続き

(左)記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野幸男代表=15日午後、札幌市内、(右)新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する岸田文雄首相=15日午前、首相官邸

岸田首相、実績づくり急ぐ 枝野氏は政権交代訴え

与野党 衆院選へ本格始動  衆院解散から一夜明けた15日、与野党党首らは4年ぶりの政権選択選挙に向けて活動を本格化させた。岸田文雄首相(自民党総裁)は、最大の争点である新型コロナウイルス対策と経済政策で実績づくりを急いだ…

続き

記者の質問に答える野田聖子内閣府特命担当大臣=15日、内閣府(デビッド・チャン撮影)

少子化対策、抜本的に 野田聖子少子化担当相

 野田聖子少子化担当相は15日、世界日報を含む報道各社のインタビューに応じ、これまでの少子化対策について「母親と子供にだけ焦点を当ててきて、効果的な結果を出せなかった」と指摘。抜本的な少子化対策に意欲を示した。主なやりと…

続き

衆議院解散 国難対処へ論戦盛り上げよ

衆議院が解散された。岸田文雄内閣が4日に発足してからわずか10日後で、31日の投開票までの選挙期間も戦後最短だ。候補者は、わが国が直面している難局に対処するため、具体策を掲げて論戦を盛り上げ、自公政権か、共産党と「限定的…

続き

ロシア、下院選後も続く言論弾圧

個人にも「外国の手先」烙印/定義あいまい、情報収集も対象に  9月のロシア下院選挙での与党勝利を受け、プーチン大統領は2024年に予定される次期大統領選挙に向け、安定した政権基盤を確保した。これにより反対派への締め付けも…

続き

記者の質問に答える小林鷹之経済安全保障担当大臣 =14日東京千代田区の内閣府(森啓造撮影)

技術保全強化を重視 小林経済安保担当相

 小林鷹之経済安全保障担当相は14日、世界日報を含む報道各社のインタビューに応じ、重要技術の保全・育成やサプライチェーン(供給網)の強靭化に早急に取り組む考えを示した。主なやり取りは次の通り。 半導体安定供給に支援 わが…

続き

NPO法人「伝統工芸つくも神」代表理事 橋村 舞さん

工芸品販売や後継者の育成支援

職人の手助けしたい NPO法人「伝統工芸つくも神」代表理事 橋村 舞さんに聞く  「もったいない」という日本語が、環境を守る世界共通語となっている。日本は昔から道具との縁が深く、モノを100年使えば魂が宿るという「つくも…

続き

もう始まった年末セール ー米国から

例年は11月下旬のブラックフライデーで幕を開ける米国の年末商戦だが、今年は1カ月以上前倒しですでに始まっている。  昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、店舗での混雑を避けるため、ブラックフライデーに集中させていた…

続き

深刻な異常気象続く ブラジル

旱魃で電力不足と砂嵐 背景に「アマゾンのサバンナ化」  ブラジルで深刻な旱魃(かんばつ)をはじめとする異常気象が続いている。砂漠化による砂嵐まで発生し、専門家は「気候変動の始まり」を指摘するほどだ。ブラジルの豊富な自然・…

続き

【韓国紙】日本の経済安保の矛先が向かうのは?

韓国紙セゲイルボ 特有な「聲東撃西」に警戒を 岸田文雄首相は8日の所信表明演説で新内閣の重点政策4大柱の一つが経済安全保障であることを強調した。「戦略物の資確保や技術流出の防止に向けた取り組みを進め、自律的な経済構造を実…

続き

「パリ、パリ」中毒

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」    十年余り前、米国で研修していた頃の出来事だ。休み中に西部旅行のため家族と国内線の飛行機に乗った。予定の時間になったのに飛行機は出発しなかった。問題が起こって離陸が多少遅れるとい…

続き

大津中2自殺10年、いじめ根絶へ法改正を

いじめ自殺10年 重大事態は犯罪として対処を

大津市でいじめを受けた市立中学2年の男子生徒が自殺してから10年が経(た)った。自殺を契機にいじめ防止対策推進法が制定されたが、いじめは後を絶たない。実効性を高める法改正など対策強化が必要だ。   依然として深刻な状況 …

続き

沖縄振興予算、10年間3000億円維持を要請

沖縄振興予算、10年間3000億円維持を要請

 岸田文雄政権が誕生し、沖縄担当相に地元、沖縄選出の西銘恒三郎衆院議員が就任した。玉城デニー知事は8日と9日、西銘氏と面談し、沖縄振興について話し合い、来年3月に期限を迎える沖縄振興特別措置法の10年継続を推進する意向を…

続き

極超音速弾 高まる脅威への対処を急げ

 ロシアが今月、原子力潜水艦から極超音速ミサイル「ツィルコン」を水中発射する実験に初めて成功した。  極超音速兵器は、現行のシステムでは探知や迎撃が困難とされる。高まる脅威への対処を急ぐべきだ。 周辺各国が開発競う  実…

続き

「日本人として死にたい」―台湾人99歳元軍属が訴え

日本国籍確認訴訟  日本統治下の台湾で生まれ育ちながら、戦後に日本国籍を喪失したのは不当として、台湾人の男性3人が日本国籍を有していることを日本政府に確認を求めた訴訟は12日、東京地裁で口頭弁論が開かれた。原告の一人、楊…

続き

必要は発明の母

今夏発覚した三菱電機の一連の検査不正問題について、外部の調査委員会が報告書をまとめ、「手続きを軽視し、安易に検査手法を変更していた」と結論付けた。 同社はわが国の代表的メーカーの一つだ。会長を辞任した柵山正樹氏は、不正が…

続き

山形県庄内地域、若者定着・回帰促進へ奮闘

山形県庄内地域、若者定着・回帰促進へ奮闘

 若者の地元定着や回帰は地方自治体の大きな課題の一つだ。山形県内で最も若者の定着率が低い県北西部の庄内地域(鶴岡市、酒田市が中心)では、各界関係者が地域を挙げた対応策を探ろうと、産学官による「庄内若者定着促進会議」(座長…

続き

岸田内閣発足 日韓改善なお韓国次第

顧みぬ文政権の反日 元挺身隊訴訟 「半年内の現金化」案浮上 票にならず様子見も  2011年12月17日に北朝鮮の金正日総書記が死去し、三男・正恩氏が最高指導者の地位を後継してから間もなく10年となる。大方の予想を覆し、…

続き

各党代表質問 台湾重視だが矛盾隠せぬ立民

 衆院本会議で岸田文雄首相の初の所信表明に対する各党代表質問が始まり、立憲民主党の枝野幸男代表、自民党の甘利明幹事長らが質問に立った。14日の衆院解散を前に今国会では最初で最後の論戦であり、選挙遊説を先行したような国民へ…

続き

人間国宝の柳家小三治さん

落語家で人間国宝(重要無形文化財)の柳家小三治さんが亡くなった。81歳だった。リウマチ、糖尿病に加え、2017年には変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)の大手術を受けるなど、体は決して丈夫でなかったが、病躯(びょう…

続き