ワシントンタイムズ rss

露、極超音速兵器試射に成功 米と非難の応酬

 米国とロシアが極超音速兵器の開発をめぐって、情勢の「不安定化」を招き、紛争を誘発すると非難の応酬を繰り広げている。迎撃が困難な次世代の兵器として、米、露、中国が開発にしのぎを削っており、バイデン政権でも、予算を重点的に…

続き

中国での医療研究に支援停止を、米下院委で複数の法案承認

 新型コロナウイルスの発生源との指摘がある中国湖北省の武漢ウイルス研究所への資金提供など、中国での医療研究への支援の停止を求める複数の法案が米下院歳出委員会で承認された。米議会で、新型コロナ感染拡大をめぐる中国の責任追及…

続き

軍用機運用が本格化、南シナ海人工島で中国軍

 中国軍が5月以降、早期警戒機、哨戒機、ヘリコプターを南シナ海の人工島に設置した基地に展開させており、専門家は、中国軍がこれらの基地からの航空作戦を本格化させたことを示していると指摘した。  ワシントン・タイムズが入手し…

続き

「白紙でも買う」、リンゴ日報への支援が広がる

リンゴ日報に最高勲章を、米上院議員が法案提出

 米共和党のベン・サス上院議員は26日までに、中国当局によって廃刊に追い込まれた香港紙・蘋果日報(リンゴ日報)と同紙幹部らに、議会最高位の「議会名誉黄金勲章」を授与することを求める法案を提出した。  サス氏は、リンゴ日報…

続き

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」女性人権団体が激しく反発

 五輪史上初のトランスジェンダー選手の東京五輪出場が決まったことが、波紋を呼んでいる。女性の権利擁護団体からは「女性選手から安全、機会、公正な競争」を奪うものだとして激しい反発の声が上がっている。  この選手はニュージー…

続き

ポンペオ前国務長官=2021年2月21日、UPI

中国のWHO追放を、ポンペオ氏「再調査拒否なら」

 ポンペオ前米国務長官は、中国軍と武漢ウイルス研究所(中国湖北省)との関連を指摘した国務省の1月の報告について「信頼性が高い」と強調、中国政府が新型コロナウイルスの発生源をめぐる再調査を拒否するなら世界保健機関(WHO)…

続き

米中の研究チームが推進 人・サル「融合」に懸念

共和党が実験禁止求める 「倫理の一線越え 命の尊厳犯す」  人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)をサルの胚に注入する実験が4月、米国と中国の研究所の協力で行われたことを受けて、米共和党議員らが、「人の命への尊厳を犯す」と懸…

続き

中国総領事館はスパイの拠点

ヒューストン 昨年閉鎖 米機関検証 前政権の主張裏付け  トランプ米前政権が昨年、閉鎖を命じたヒューストンの中国総領事館が、中国の世界的な科学技術収集の「主要拠点」だったことが、新たな調査報告から明らかになった。前政権の…

続き

フェイスブック 親イスラエルアカウントを停止

イスラム過激派の攻撃が原因  シオニズム(ユダヤ人のパレスチナ帰還運動)を支持するキリスト教徒団体「シオンの友」のフェイスブック(FB)・アカウント「エルサレム・プレア・チーム(JPT)」がFBのポリシーに抵触したとして…

続き

100超の米都市で中国製監視カメラ

連邦政府は使用禁止  米国内の100以上の都市、郡で、連邦政府が使用を制限している中国製の監視システムが導入されていることが調査から明らかになった。  映像監視システムの調査会社IPVMとITニュースサイト「テッククラン…

続き

中国 米との生物兵器会合を中止

高まる開発への疑惑  中国が昨年、生物兵器開発の懸念をめぐる米当局者との会合を中止していたことが、兵器開発に関する合意順守をめぐる米国務省の年次報告で明らかになった。  会合は、新型コロナウイルスの流行を受けてオンライン…

続き

中国のために企業秘密盗む、コカ・コーラ元従業員を起訴 米司法省

 米司法省は、企業秘密を盗み、中国に持ち出そうとしたコカ・コーラ元従業員を起訴した。司法省は、被告が中国政府と中国共産党の利益のために活動していたと指摘、資金提供を受けていたことも明らかになっている。  起訴されたのは米…

続き

中国 米科学者数百人を「買収」、知的財産の窃取が狙い

米NIH調査  米政府から研究費の支援を受けている科学者500人以上が、中国など外国政府から不正に資金提供を受けている可能性があるとして調査対象となり、その9割以上が実際に中国から支援を受けていたことが分かった。米国立衛…

続き

米ニュース報道 バイデン政権を「驚くほど」肯定

 就任後のトランプ米前大統領に対し否定的な報道が多かったのに対し、バイデン大統領には肯定的な報道が多いことが、保守系の調査機関「メディア・リサーチ・センター(MRC)」の調査で明らかになった。  1月20日の就任から4月…

続き

新型コロナ 米情報長官、研究所漏洩を示唆

発生の時期・場所は不明  ヘインズ米国家情報長官は14日、新型コロナウイルスの発生源は中国の研究所での事故による漏洩(ろうえい)、または動物から人への感染が原因との見方を示した。米情報機関の高官が、漏洩の可能性を示唆した…

続き

EV普及で対中依存深化か、バイデン米政権が推進

 バイデン米大統領は、電気自動車(EV)の普及に意欲を示しているが、充電池の製造と、原材料となるレアアース(希土類)供給で世界的に大きなシェアを占める中国の影響力を強めるだけでなく、米国の対中依存が強まると懸念されている…

続き

「ISは依然深刻な脅威」 米軍、イラクやシリアで掃討作戦

 米国防総省は、2年前に過激派組織「イスラム国」(IS)の「支配地を奪い殲滅した」と宣言した。しかし、各地でIS復活の兆候が強まり、米軍は空爆などによる殲滅作戦の強化を余儀なくされている。  米軍は数カ月前から、イラクの…

続き

中国 米のイラン制裁を無視、原油輸入が昨年の3倍

 バイデン米政権は、トランプ前政権によるイランへの「最大限の圧力」を継続していると主張するが、中国が、禁輸対象となっているイラン原油の輸入を大幅に増加させるなど、バイデン政権下で制裁の形骸化が進んでいることが明らかになっ…

続き

中国人ハッカー、国外のウイグル族を標的

フェイスブックが阻止  インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブック(FB)は24日、中国のハッカー集団が、国外に居住するウイグル族のアカウントに侵入したり、マルウエア(悪意あるソフト)に感染させたりしようとして…

続き

米軍 北極圏でプレゼンス強化

中露に対抗 基地設置へ  米国防総省は16日、ロシアから「北極圏の支配」を取り戻すための新たな戦略を発表、この地域での陸軍の長期的な任務の遂行を可能にするため、北極圏に新たな基地を設置する。  この計画は2019年に発表…

続き

米AI独立委 中国への頭脳流出に懸念

新たな防止対策づくり訴え  米独立委員会「人工知能(AI)に関する国家安全保障委員会(NSCAI)」は14日までに米議会で、AIなど重要な技術について中国への頭脳流出を防止するための新たな対策を講じるよう訴えた。  ギル…

続き

米NYの学校がガイドライン 「パパ、ママは使わないで」

保守系シンクタンク「マンハッタン研究所」が報じる  米ニューヨーク市の私立学校が職員、児童・生徒への言葉の使用に関するガイドラインを作成、「ママ」「パパ」「ハッピーホリデー(よい休日を)」などの言葉を使わないよう呼び掛け…

続き

米インド太平洋軍 宇宙レーダーなど最新兵器配備要求

対中抑止力強化へ  米インド太平洋軍(INDOPACOM)が、高性能レーダー、長距離ミサイルなど最新の兵器を配備し、攻勢を強める中国に対抗する必要性を強調、2027年までの6年間で270億㌦を投じる計画を議会に提案してい…

続き