世界日報 Web版

オピニオン rss

エドワード7世と「ユダヤの宮廷」

獨協大学教授 佐藤 唯行 新興大富豪が王の側近に 英社交界最上層への仲間入り  英王室とユダヤ大富豪との蜜月関係はエドワード7世時代(1901~10)にピークを迎えた。王は彼らを側近として重用(ちょうよう)したため、世人…

続き

北方領土の日 4島返還に強い決意示せ

 41回目の「北方領土の日」を迎えた。第2次大戦末期に旧ソ連は、当時有効だった日ソ中立条約に違反して一方的に宣戦布告し、火事場泥棒のように択捉島、国後島、歯舞群島、色丹島を奪って現在に至るまで不法占拠を続けている。  菅…

続き

韓国国防白書 北の脅威を直視しているのか

 韓国国防省が「2020国防白書」を発表した。北朝鮮の核や弾道ミサイルなど大量破壊兵器を「脅威」と位置付ける一方、北朝鮮の政権と軍を「敵」と明記せず、有事の軍事上の作戦統制権を能力も経験も不安視される韓国軍に移譲させるこ…

続き

ミャンマーのクーデター

《 記 者 の 視 点 》 日本は非難と関与の2本立てで  ミャンマーでクーデターが起き、国軍が政権を奪った。  昨年11月の総選挙では、スーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が上下両院(定数664)で396議席と地滑り…

続き

コロナ禍の泥沼化を防げ

免疫力アップで健康の砦 琉球大学名誉教授 平良一彦氏に聞く  新型コロナウイルスの感染拡大が広がっている。国は東京、大阪などの都市部を中心に緊急事態宣言を発令しているものの、感染拡大になかなか歯止めがかからない。健康長寿…

続き

英TPP申請、自由度高いルールを広げよ

 英国が環太平洋連携協定(TPP)への参加を申請した。今春にも、参加交渉が始まる。発足メンバー国以外の国からの参加申請は初めてとなる。英国の申請を契機として、日本が主導してきたTPPの拡大機運が高まりそうだ。  EU離脱…

続き

ビル・ガーツ氏

核戦争は「現実の脅威」

中露が核戦力増強 米戦略軍司令官 戦略転換の必要性強調  米軍の戦略核を管轄する戦略軍のリチャード司令官は、米シンクタンク「海軍研究所」への寄稿文で、中国、ロシアの核戦力の強化が進み、核戦争が現実の脅威として迫っていると…

続き

緊急事態延長、減少確かにし収束へ道筋を

 政府は新型コロナウイルス対策で11都府県に7日まで発令中の緊急事態宣言を、栃木県を除く10都府県で3月7日まで1カ月間延長することを決めた。  緊急事態宣言後、感染は減少傾向にある。この延長で減少を確かなものとし、ワク…

続き

「自由で」戦略に不都合な 東南アジアの反自由・強権化

 ミャンマーの劇的な政変は、この国の民主化時計を午前零時に戻してしまうのか。膨張中国と日米豪印の「自由で開かれたインド太平洋」戦略の間で、東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々がどちら寄りになるかは、大きなカギとなる。だ…

続き

ミャンマー 国軍の民主化潰しを憂う

 ミャンマーでクーデターが起き、国軍が政権を奪った。  国軍は、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相ら政府・与党幹部を拘束した上で、1年間の非常事態宣言を全土に発令し、国家の全権を握った。2011年3月に民政移管された…

続き

ナゴルノカラバフ紛争の“教訓”

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 勝敗決めた軍用ドローン 「攻撃型」導入に本腰入れる露  旧ソ連構成共和国のアルメニアとアゼルバイジャンは昨年9月27日から1カ月半近く、アゼルバイジャン領内のナゴルノカラバフ自治州をめぐ…

続き

WHO武漢調査、発生源解明に中国は協力せよ

 新型コロナウイルスの発生源解明のため、中国湖北省武漢市入りしていた世界保健機関(WHO)の国際調査団が調査を開始し、最初に集団感染が確認されたとされる華南海鮮市場を視察した。中国はWHOの調査を長い間拒んできたが、発生…

続き

北朝鮮の原潜開発計画に思う

元統幕議長 杉山 蕃 周辺海域の監視網強化を 検討すべき対艦艇原潜の保有  北朝鮮の金正恩総書記は1月8日行われた第8回党大会で、戦略核兵器の一層の充実を謳(うた)い上げ、5年後には、潜水艦発射弾道弾(SLBM)搭載の原…

続き

EU外相理、日本は中国念頭に協力進めよ

 茂木敏充外相は欧州連合(EU)の外相理事会にオンライン形式で出席し、軍事、経済両面で影響力を強める中国をにらんで日本が推進する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想の実現に向けた連携を呼び掛けた。  欧州は、日…

続き

人生の来し方行く末を思う

名寄市立大学教授 加藤 隆 「命」に命令と使命の意味 人間の計らい超えた不思議さ  人生の来し方行く末を思うとき、人間の計らいを超えた不思議さにこころ打たれる。自分がこの世に生まれ落ちた不思議さ。人類史の悠久の時間の中で…

続き

日米首脳、同盟強化で中国に対抗を

 菅義偉首相がバイデン米大統領と電話会談し、日米同盟のさらなる強化を確認した。  日米同盟は両国のみならず、地域全体の安定と繁栄に欠かせない。覇権主義的な動きを強め、平和を脅かす中国に共同で対抗すべきだ。 尖閣に安保条約…

続き

ビル・ガーツ氏

強まる武漢研究所流出説 、米国務省が新たな報告書

 米国務省は政権交代直前の今月中旬、中国の武漢ウイルス研究所(WIV)が新型コロナウイルスの発生源である可能性を示す新たな証拠を盛り込んだ報告書を公表した。WIVと中国軍が協力して、極秘研究を行っていた可能性についても指…

続き

自殺者増加 ニーズに応じた多様な支援を

 厚生労働省は、警察庁の統計に基づく2020年の自殺者数(速報値)が、前年確定値より750人(3・7%)多い2万919人だったと発表した。女性の自殺が2年ぶりに増え、男女合わせた人数はリーマン・ショック後の09年以来11…

続き

米国に根付いた無神論 キリスト教文化の破壊を狙う

《 記 者 の 視 点 》  政治哲学者アラン・ブルームの著した『アメリカン・マインドの終焉(しゅうえん)』(1987年)は、米国社会が建国精神を離れて内面から崩れつつあることを描いた名著。三十数年たったが、精神の空洞化…

続き

童謡は日本人の心の財産

童謡の伝道師 歌手 グレッグ・アーウィン氏に聞く  これまで100曲もの童謡を英訳し、「童謡の伝道師」とも呼ばれる歌手のグレッグ・アーウィンさん。翻訳時の忘れられない思い出や童謡の中に見いだした「美しさ」について話を聞い…

続き

わいせつ教員、免許再取得禁じる法改正を

 文部科学省は、児童生徒へのわいせつ行為で失効した教員免許の再取得を厳しくする改正法案の国会提出を見送った。  内閣法制局が法制上のバランスが取れないとの見解を示したためだ。だが、被害を受けた児童生徒は心に深い傷を残す。…

続き

宮城 能彦

知ってほしい「等身大」の沖縄

沖縄大学教授 宮城 能彦 来年、日本復帰から半世紀 同じ国民として問題の解決を  年が明け、2021年になった。来年は沖縄が日本に復帰して半世紀となることに、ふと気が付いた。戦後、米軍統治下の沖縄に生まれ育った者には感慨…

続き

コロナ1億人、ワクチン接種進め対策徹底を

 新型コロナウイルスの感染者が米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると世界で1億人を超えた。昨年11月に5000万人を超えてから2カ月半で倍増しており、広がりが確認されている感染力の強い変異種の影響も大きいとみられる。一…

続き