世界日報 Web版

社説 rss

デジタル庁開庁 誰もが恩恵受ける環境整備を

 デジタル政策の推進に向け、政府の司令塔となるデジタル庁が開庁した。デジタル情報網の整備によって、国や地方の縦割り行政の弊害克服や、行政サービスの飛躍的な向上を期待するとともに、国、地方自治体、地域社会、個々人がさまざま…

続き

防災の日 地域ごとに細心の災害対策を

 今年も豪雨による川の氾濫や浸水で多くの犠牲者が全国各地に出ている。しかし異常気象の影響などもあって、どこで災害が発生し被害を受けるか、その予測すら難しいのが現状だ。国がリードし、自治体ごとに特色を持たせた細心の防災対策…

続き

東京電力福島第1原発の構内に立ち並ぶ処理水を保管するタンク=2月19日、福島県大熊町(時事)

原発処理水放出、安全性の発信強化に努めよ

 政府は東京電力福島第1原発の放射性物質を含んだ処理水の海洋放出をめぐって、風評被害が出た場合に魚介類を買い上げる基金の創設など、対策の中間取りまとめを示した。処理水の安全性について情報発信を強化し、被害防止に努めること…

続き

新学期と感染拡大、対策強化し学びの場を守れ

 新型コロナウイルスの感染「第5波」の中、子供たちへの感染が広まっている。これから2学期が本格的に始まるが、感染対策を強化して子供たちの学びの場を守っていきたい。学校での感染が広まり、学級閉鎖あるいは学年閉鎖になった場合…

続き

海上自衛隊、ソマリア沖で英空母と初の共同訓練

日英共同訓練、自由海洋国家の連携強化を

 陸海空自衛隊が沖縄南方海上で最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中心とする英国の空母打撃群や米軍、オランダ軍と共同訓練を実施した。「ノーブル・ユニオン」と名付けられた今回の訓練では、クイーン・エリザベスと海自のヘリコプ…

続き

アフガン自爆テロ、米軍撤収は間違っている

 アフガニスタンの首都カブールの空港周辺で複数の爆発があり、米兵13人、アフガン人60人以上が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を認めたという。  無辜の人たちを標的にしたテロが許されないのはもちろんだが、…

続き

自民総裁選、国難の今こそ改憲世論喚起を

 自民党のトップを選ぶ総裁選が、9月17日告示、29日投開票となった。岸田文雄前政調会長が出馬を表明し、複数候補で争われることになった。下村博文政調会長、高市早苗前総務相らも意欲を示している。新型コロナウイルス対応をめぐ…

続き

対露国際枠組み、クリミア返還の要求続けよ

 ウクライナ南部クリミア半島がロシアの武力介入と住民工作によって併合されてから7年以上が過ぎた。  ウクライナ政府はクリミア半島の返還を求める国際枠組み「クリミア・プラットフォーム」を立ち上げて初の首脳会議を開催した。「…

続き

工藤会死刑判決、裁判官への脅しは言語道断

 一般市民が殺傷された四つの事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)のトップ野村悟被告とナンバー2の田上不美夫被告の裁判で、福岡地裁の足立勉裁判長は全事…

続き

パラリンピック 安全に万全期し勇気もらおう

 東京五輪と同じく1年間の延長を経て、きょう東京パラリンピックが開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下での開催となったが、安全に万全を期して選手たちの最高のパフォーマンスの舞台としたい。そして世界の人…

続き

大麻意識調査、薬物乱用防止教育の充実を

 警視庁が昨年、大麻取締法違反容疑で検挙した少年の37%が、大麻には有害性がないと認識していたことが同庁の調査で分かった。  学校などで薬物乱用防止のための教育を充実させることが求められる。  少年の検挙件数が激増  警…

続き

みずほ銀行(Wikipediaより)

みずほ障害、無責任体質を全面刷新せよ

 みずほ銀行とみずほ信託銀行でシステム障害が生じ、全国の店舗窓口で一時、振り込みや入出金ができない状態に陥った。  このような障害は今年に入って5回目だ。顧客の信頼回復は遠のくばかりである。  今年に入って5回目  持ち…

続き

GDPプラス 感染爆発抑え低成長脱せよ

 2021年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、実質で前期比0・3%増、年率では1・3%増とプラス成長だった。4月に新型コロナウイルス対策で3度目の緊急事態宣言が発令されたにもかかわらず、思いのほか高い伸びとなった…

続き

緊急事態拡大 資源総動員し医療崩壊防げ

 持てる医療資源を最大限活用し、医療崩壊を防がねばならない。新型コロナウイルス感染症対策として東京都など6都府県に発令中の緊急事態宣言が、きょうから京都、兵庫、福岡など7府県に拡大される。期限は9月12日まで。6都府県も…

続き

8月豪雨被害、警戒レベル4で避難の周知を

 西・東日本の太平洋側に延びる前線が1週間ほど停滞しており、各地で記録的な大雨による土砂災害や河川の氾濫が相次いでいる。時限的に観測史上最高の雨量となる地域もあり、以前にも増して気象庁・自治体の警戒レベル情報を基に命を守…

続き

米韓軍事演習 北朝鮮への配慮で精彩欠く

 米韓両国は朝鮮半島有事を想定した定例の合同軍事演習を開始した。だが、猛反発している北朝鮮に配慮して規模を縮小させ、実戦形式の訓練も見送られるようだ。対北抑止力の維持・強化を目的とする演習を、北朝鮮の顔色をうかがいながら…

続き

16日、カブールで、通りを見張るタリバンの戦闘員たち(AFP時事)

カブール陥落 タリバンの強権支配許すな

 反政府組織タリバンが攻勢を強めていたアフガニスタンで、首都カブールが陥落。ガニ大統領は国外に脱出し、事実上、政権は崩壊した。  タリバン政権の復活は間違いないが、2001年までのような人権侵害やテロ支援などが起きないよ…

続き

終戦(Wikipediaより)

終戦の日 国への奉仕を貶めた戦後思潮

 76年目の終戦の日を迎えた。戦禍の犠牲となった300万同胞の御霊に鎮魂の祈りを捧(ささ)げたい。そして、先の大戦からの教訓を改めて問い直したい。 東京五輪開催にも影響  多大な犠牲を払い、かつて経験したことのない敗戦か…

続き

武漢ウイルス研究所(AFP時事)

コロナ再調査 中国に要請受け入れを迫れ

 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスの起源に関する再調査をめぐって、中国など各国に生データを含む情報を提供するよう求める声明を発表した。ウイルスは中国・武漢の研究所から流出したとの疑いが強まっている。国際社会は…

続き

人口減少対策、首都機能移転を大胆に進めよ

 総務省公表の住民基本台帳に基づく2021年1月1日現在の日本人の総人口は、前年比42万8617人(0・34%)減の1億2384万2701人で、12年連続の減少となった。  ただ一極集中が続いてきた東京都の人口増加率は、…

続き

台湾代表機関 リトアニア設置を支持する

 バルト3国のリトアニアが、台湾の代表機関「駐リトアニア台湾代表処」の設置を許可したことに中国が反発を強めている。「一つの中国」原則を理由に台湾との公式関係を絶つように求めて駐リトアニア大使を召還し、リトアニア政府にも駐…

続き

温暖化報告書、全人類が危機感の共有を

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第1作業部会が報告書を発表し、2021~40年の間に世界の平均気温が約100年前に比べて1・5度上昇し、異常気象や海面上昇などが深刻化する可能性が高いと警鐘を鳴らした。…

続き

マラバール 日米豪印は対中連携強化を

 インド国防省は、毎年行っている海上自衛隊、米海軍との合同海上演習「マラバール」について、今年は西太平洋で実施すると発表した。  昨年に続きオーストラリアが参加する。豪州は近年、中国の台頭を懸念しており、ベンガル湾とアラ…

続き