世界日報 Web版

メディア rss

不法移民の健康状態に医師ら懸念 Doctors sound alarm over lack of care at border

 国境で移民の子供らの危険な状況が続いている中、テキサス州の小児科医が、米政府によって拘束され、保護されている…

続き

栄誉と恥辱の人生終え静かに逝った金鍾泌氏

韓国紙セゲイルボ  金鍾泌(キムジョンピル)元国務総理が死去した。政界では故人が残した光と影に対して、「大韓民…

続き

北は“戦略的決断”下したか

韓国紙セゲイルボ 非核化の実践から立証せよ  シンガポールでの米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長とドナルド…

続き

「フェイクニュース」でマスコミへ締め付け強まる

米政府高官は否定  シンガポールで開催された国際メディア会議で、参加したジャーナリストらが、トランプ米大統領に…

続き

自縄自縛の大法院長

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  近ごろ金命洙大法院長(最高裁長官に相当)と法院行政処處(全国の裁判所の…

続き

WHOが指摘し警告した「ゲーム依存症」の弊害軽視する日経に違和感

◆早期治療の充実急務  このほど約30年ぶりに疾病についての国際的な分類を大幅に改定した世界保健機関(WHO)…

続き

関税テロ Tariff terror

 皆が皆、国家の指導者になる才能を持っている訳ではない。人間のより善なる性格に訴え掛けることは、指導者になるた…

続き

児童虐待防止で家庭支援と調査機関の分離を提案する護憲学者の木村氏

◆先人の知恵を生かす  最近、若手の護憲学者として頭角を現してきた木村草太氏(首都大学東京教授)が目黒区の女児…

続き

日本経済について「学び直し」を推奨して特集を組んだエコノミスト

◆第二の人生設計必要  「人生100年時代の到来」という言葉が随所で聞かれる。定年が65歳、70歳に延長された…

続き

リベラルな当局に妨害される宗教系養子縁組あっせん組織 Faith-based adoptions hampered by liberal officials

 宗教系の社会奉仕団体は、養子縁組を待っている多くの里子たちに愛情にあふれた家庭を割り当てる上で重要な役割を担…

続き

視聴率偏重に対して街角コメンテーターの鋭い意見を拾った日テレ特番

◆番組質低下に危機感  主に受信料や国からの交付金で番組製作を行っているNHKは、視聴率にとらわれず、質に重点…

続き

「国民民主プレス」発行 衰退を示す紙幅の縮小

衰退を示す紙幅の縮小  国民民主党が5月7日に結党したが、同月中に機関紙は発行されなかった。民主党―民進党の流…

続き

新潟県知事選挙 野党共闘王国の一角崩れる

原発論戦しても期待されず  10日投開票の新潟県知事選挙は、自民・公明の与党が支持する花角英世氏(前海上保安庁…

続き

南部連合が消え、オバマ人気が復活 Obama rises again where name of Confederate falls

 公共の広場から南部連合を排除しようという動きが拡大、ハワイ出身のシカゴ市民、オバマ第44代大統領の人気が高ま…

続き

終戦宣言に目奪われ非核化を忘れるな

韓国紙セゲイルボ  戦争が勃発するかのように見えた韓半島だが、南北首脳会談が行われて、南側では韓国動乱の終戦宣…

続き

首脳会談後の北が進むべき道

韓国紙セゲイルボ 「完全な非核化」実行を急げ  2000年10月、趙明禄(チョミョンノク)国防委員会第1副委員…

続き

長射程砲の脅威

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  戦争が起こった時、最も多く犠牲になるのは軍人たちではなく、民間人の方だ…

続き

米国の対中貿易制裁にデジタル技術めぐる覇権の視点で迫った産経

◆中国の戦略にも問題  日経「米中の貿易戦争で世界を危険にさらすな」(17日付)、毎日「貿易戦争に勝者はいない…

続き

独露パイプライン計画に米懸念

ロシアの影響力拡大か  ロシアとドイツとの間を直接結ぶ海底ガスパイプライン計画「ノルドストリーム2」によって、…

続き

米朝首脳会談の不確実性 Uncertainty at the summit

 ホワイトハウスや国務省の誰も、マイク・ポンぺオ国務長官や、国家安全保障問題担当大統領補佐官ジョン・ボルトンが…

続き

拉致をめぐる日朝交渉開始を前に注意を要する「治安潰し」の朝日言論

◆スパイ防止法に反対  国民の生命を守る。それが国家の第一義の使命だ。だから治安に万策を尽くす。このことを改め…

続き

日米同盟関係の弱体化を見据えたサンデー毎日の米朝首脳会談特集

◆和田春樹氏登場さす  トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談への評価は日本でも米国でも、ある…

続き

デザイナーベビーの誕生間近、倫理的問題も Scientists raise ethics issues with designer babies close to reality

 デザイナーベビーの誕生は、科学者らにとって心躍る出来事であるとともに、恐ろしいことでもある。将来、遺伝的疾患…

続き