世界日報 Web版

メディア rss

翁長知事に反米「戦車闘争」を指南した沖縄タイムスの日米安保潰し

◆故リー元首相の忠告  シンガポールの「建国の父」リー・クアンユー元首相が3月に亡くなった。朝日は「世界史に名…

続き

AIIB加入と統一外交の方向

韓国紙セゲイルボ 米中間の問題最小化に動け  韓国政府のアジアインフラ投資銀行(AIIB)加入決定について、「…

続き

流血事件多発の中東情勢に歴史と宗教を特集したエコノミストなど

◆重なり合う帰属意識  宗教に関心の薄い日本人にとって現在、世界で起こっている出来事はなかなか理解できないこと…

続き

菅長官・翁長知事会談に際し橋本元首相を持ち上げた「サンモニ」

◆違法行動に論評せず  沖縄・米軍普天間基地の辺野古移設のための埋め立て工事が進んでいるところへ、昨年11月に…

続き

敢えて“蔑視”で問う“無能” 月刊朝鮮に陸奥宗光「蹇蹇録」

困難な韓国の外交情勢  現在、韓国では日本政府の対韓政策に対する危機意識が高まっている。安倍晋三首相と朴槿恵(…

続き

江戸時代の旺盛な知識欲 日本で読まれた李朝「懲毖録」

東郷平八郎ら李舜臣評価に  「韓国外交がおかしい」という言葉をよく聞く。米国と中国という2大国の間で「あいまい…

続き

盛り上がってきた第5国連事務局誘致

韓国紙セゲイルボ  韓半島内への第5国連事務局誘致運動に関心が高まっている。第5事務局とは国連の地域事務局だ。…

続き

「黒田日銀」金融緩和2年、「短観」足踏みで各紙に日銀への注文目立つ

◆論評テーマは3通り  新年度がスタートした。経済面では税制が変更になったり、年金額が変わったり、食料品などの…

続き

靴磨きのきんちゃん

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  彼は世界最高の靴磨きだ。名前はあるが、ただの「靴磨きのきんちゃん」で通…

続き

A challenge to Congress 連邦議会への申し入れ

A challenge to Congress When Richard Nixon signed the l…

続き

緊急条項で改憲しなくてもと国民保護法まで持ち出した朝日の方便

◆説明と合意説く日経  戦後70年にして憲法改正の動きが本格化してきた。安倍晋三首相は国会発議とその賛否を問う…

続き

報ステ騒動を詳報した文春と官邸の「メディア操縦」に着目した新潮

◆脱線した古賀茂明氏  久しぶりに、なんだかんだ言っても予定調和でまとめていたテレビ番組が、確信犯によるハプニ…

続き

イスラエル選挙で強硬派勝利に警戒表したエルサレム・ポストなど

◆右派リクードが勝利  イスラエルの総選挙が3月17日に行われ、右派の現与党リクードが勝利した。投票直前まで中…

続き

安倍首相発言に虚を突かれた韓国

韓国紙セゲイルボ 慰安婦は「人身売買の犠牲者」  安倍晋三首相が日本軍慰安婦を「人身売買の犠牲者」と表現したこ…

続き

与那国町住民投票紀行記 「反対派は外から来る」

《 沖 縄 時 評 》 ◆自衛隊配備賛成を求めて  去る2月22日、沖縄県与那国町で自衛隊配備の是非を問う住民…

続き

建国の大統領・李承晩 寂しい誕生日の祝膳

韓国紙セゲイルボ  貧しい港街を世界4位の金融センターとして育て上げたシンガポールの国父リー・クアンユーが死去…

続き

衆院「1票の格差」各判決に現実的アプローチで提言した読売や日経

◆具体策は乏しい朝毎  「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月衆院選の区割りをめぐり、弁護士グループが…

続き

「正義の女神」のハンコ代

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  彼は“盲目の判事”だった。立派な両目を持っていても、法廷でだけは盲人の…

続き