世界日報 Web版

メディア rss

百貨店崩壊から20年

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  災難は恐ろしい存在だ。途方もない苦痛をもたらし、耐え難い社会・政治的な…

続き

Taming the hungry dragon 飢えた竜を調教する

Taming the hungry dragon Secretary of State John Kerry …

続き

百田氏の軽口を朝日が“言論弾圧”にすり替え沖縄紙が呼応する騒動

◆個人攻撃の異論封じ  テレビに「秘密のケンミン・ショー」というバラエティー番組がある。その地方だけの行事や習…

続き

酒鬼薔薇事件殺人犯と印税稼ぎする太田出版を批判した新潮、文春

◆匿名で遺族傷つける  「乾きかけていた瘡蓋(かさぶた)をむしり取るだけでなく、傷口に塩をすり込み、被害者遺族…

続き

安保法制めぐり憲法学は国民守らないと指摘した「日曜討論」稲田氏

◆学者違憲見解で応酬  通常国会は24日だった会期を9月27日まで大幅延長した。安全保障関連法案の成立を期する…

続き

未来へ進むための韓日関係 相手を和解の対象と見なせ

韓国紙セゲイルボ  韓国と日本が外交関係を結んで22日で50年が経過した。釜山と対馬は50㌔㍍ほど離れている。…

続き

「2025年問題」への備え 「人生90年」時代の制度づくり

 1947~49年生まれの「団塊の世代」が今から10年後の2025年に、全て75歳以上となる。5人に1人が後期…

続き

親韓派日本人の韓国離れ 「反日」背後に左派勢力

日韓共通の「敵」再認識すべき  日本と韓国は22日、日韓基本条約調印から50周年を迎えた。これに合わせ、月刊誌…

続き

韓国が真の先進国となるには何が必要か

韓国紙セゲイルボ  韓国は経済・社会・教育・技術指標でみれば明らかに先進国だが、セウォル号惨事とMERS(中東…

続き

科学と文化の衝突

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  マーズ(MERS、中東呼吸器症候群)騒動を見ながら、科学と文化は時折、…

続き

香港選挙法案否決/民主社会と中国仕様の「選挙」に区別曖昧な朝日

◆メンツ潰された中国  中国共産党政権の方針に従い香港政府が立法会(議会、定数70)に提出した次期(2017年…

続き

護憲学者集めた全国憲法研究会など憲法学界の実情を解説した読売

◆「世界の非常識」露呈  「日本の常識は世界の非常識」というフレーズがある。冷戦時代の最中、1980年代に評論…

続き

御嶽山のレベル1噴火の原因を追究しないアエラの火山「平熱」特集

◆今年が特別ではない  噴火・地震が相次ぐ日本列島だが、アエラ6月25日号の記事で「歴史的にはこれで『平熱』」…

続き

ISの前に米軍イラク追加派遣は「少な過ぎる」と警告するWSJ紙

◆オバマ大統領を非難  オバマ米大統領は、イラク中西部アンバル州に米兵450人を新たに派遣する方針を決めた。過…

続き

MERSと韓国当局の無能・無策

韓国紙セゲイルボ 災禍招くリーダーシップ不在  MERS(中東呼吸器症候群)が韓国に上陸して1カ月が過ぎたが、…

続き

「公明」が共産批判 9条利用の革命戦略指摘

反日米安保・自衛隊解消で  公明党の機関誌「公明」は5月号から7月号にかけて「日本共産党史の“暗部”」と題して…

続き

反安保で共産「大運動」 「戦争法案」と扇動に奔走

「赤旗」読者拡大を狙う  日本共産党は米国と財界を資本主義の権化とみて敵視しており、米国の軍事行動には「侵略戦…

続き

「プレ民」の安保論議 国の自衛権縛る倒錯状態

御都合主義な「立憲主義」  立憲とは「憲法を制定すること」(広辞苑)。安全保障関連法案をめぐり野党は「立憲主義…

続き