メディア rss

戦争の英雄

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「乱世に賢者は世に背を向ける(賢者辟世)」。孔子の言葉だ。こんな言葉も…

続き

“護国英雄”と進歩派市長の二つの死

韓国紙セゲイルボ 国家精神の水準示す白氏冷遇  二つの死がある。一人は10日永眠した“護国英雄”白善燁(ペクソ…

続き

コロナ禍絡みで個別テーマに絞った3本の主張を打ち出した産経

◆情報公開の不足批判  中国・武漢から発生した新型コロナウイルス禍との防戦が長期戦となる中で、東京都での感染拡…

続き

北朝鮮 サイバー攻撃を強化

金与正氏の台頭が影響か  北朝鮮が数カ月前から、特定の個人や企業をターゲットにした「スピアフィッシング」という…

続き

大統領よ、今すぐ、中国に真っ正面から向き合うべきだ Mr. President, confront China now

 今すぐ、あることをはっきりさせよう。中国のことだ。中国は、ほかのどの国よりも、米国の安全保障、安寧、そして、…

続き

「中国の軍拡反対」の“羊頭”を掲げながら「無防備」の“狗肉”を売る朝日

◆口先だけの中国批判  「羊頭(ようとう)を懸(かか)げて狗肉(くにく)を売る」。店先に良い品を見せておいて悪…

続き

抗議デモを許容した政治家の信頼揺らぐ Politicians face credibility gap after going easy on protesters

 シアトル市当局は数百人のデモ隊がカル・アンダーソン公園を含むキャピトルヒルの6区画を3週間にわたって占領する…

続き

国家安全法の適用による「自由都市・香港」の“死”を悼むNW日本版

◆消失した「西側の夢」  ニューズウィーク日本版(7月14日号)が特集「香港の挽歌(ばんか)」を組んでいる。「…

続き

アフガン懸賞金、証拠はないがやっかい―中央軍司令官 General: Bounty story unproven but troubling

 中東とアフガニスタンでの軍事作戦を監督する大将は7日、ロシアが米国と同盟国の兵士を殺害した反政府勢力タリバン…

続き

ジャガイモの歌

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  小麦、米、トウモロコシと共に世界4大作物に属するジャガイモは長所が多い…

続き

米大統領選と第3回朝米会談の行方

韓国紙セゲイルボ 文大統領が提案も北は一蹴  米国では大統領選挙を4カ月後に控えているが、選挙戦の雰囲気はない…

続き

短観論評で冷静な分析示した朝日、経済紙として物足りなかった日経

◆雇用への影響を懸念  2日付読売「日銀短観悪化/需要喚起へ予算執行を急げ」、日経「企業の苦境見極め柔軟な政策…

続き

民主党員の聞こえないふりの沈黙 Democrats’ deafening silence on violence

 共和党主流は、まるで――銅像が倒されたみたいに――そういうことが自分の身に降り掛かってくることを認めたくない…

続き

長期戦のコロナ対策、情報機関の必要性指摘した毎日の真意はどこに?

◆モサドの活動を評価  新型コロナ禍をめぐる新聞記事で気になっていながら取り上げる機会がなかったのを今回、紹介…

続き

アフターコロナ「地方へ移住希望相次ぐ」との週刊朝日の記事は本当か

◆コロナで物欲が減退  週刊朝日7月3日号に「見直そう!アフターコロナの人生計画 お金や仕事より大切なもの 地…

続き

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ Police warn defunding hurts recruitment

 人種差別に反対する活動家たちは、各地で警察予算の大幅な削減を求めて声を上げている。だが、警察官からは、警察組…

続き

破産のレバノンに中国が食指、ヒズボラが復興の障害と米ネット誌

◆腐敗の温床ヒズボラ  レバノンで政治的、軍事的に強い影響力を持つイラン系の民兵組織ヒズボラが6月、中国からの…

続き

タリバンはアルカイダと協力している―国防総省が警告 ’Terrorist sanctuaries': Pentagon warns of Taliban cooperation with al Qaeda

 米国防総省は1日、議会への最新の報告で、アフガニスタンの地方は依然、「テロリストの聖域」のままであり、反政府…

続き

中国軍 台湾対岸で無人機強化

米シンクタンク 武力攻撃に懸念  中国陸軍は、台湾海峡対岸で多数の無人機の配備を進めており、将来、台湾に対し何…

続き

老兵 金寛鎮

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  節斎・金宗瑞(節斎は号)は文臣だったが、彼の生涯は武臣としていっそう光…

続き

鄭義溶と徐薫と“愛国者”ボルトン

韓国紙セゲイルボ 回顧録で明らかになる参謀不在  米大統領府安全保障補佐官だったジョン・ボルトンの「回顧録」に…

続き

美化される移民救済制度

米国 1割に犯罪歴  「これほど多くのことが書かれているのに、その実像はよく知られていない」と語るのは、米シン…

続き

米抗議デモの背後に極左組織

暴動に一変「プロが支援」  米ミネソタ州での黒人男性死亡事件を受けて、各地で激しい略奪や破壊行為が発生している…

続き