世界日報 Web版

特集 rss

子宮頸がんワクチンを販売する製薬会社社員が論文、助成根拠に

身分伏せ「医療費減」と結論  子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を販売する大手製薬会社グラクソ・スミスクラインの社員(退職)が身分を伏せ、ワクチンはがんを防ぎ医療費を節減する効果があるとする論文を発表していたこ…

続き

神奈川県鎌倉市で副反応45% 全国初の子宮頸がんワクチン接種者調査

 神奈川県鎌倉市の観光厚生常任委員会で11日、同市で子宮頸(けい)がんワクチン接種をした全員の調査結果が公表され、接種で何らかの体調変化があった、とする割合が45・6%と高率であることが判明した。全接種者の調査と結果の発…

続き

利益相反著しい副反応検討部会

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(9)  6月14日、第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が、厚生労働省12階の会議室で行われた。  子宮頸(けい)がんワクチンの副反応が多発し…

続き

神奈川県大和市が子宮頸がんワクチン接種中止の口火

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(8)  神奈川県大和市は、鎌倉市を上回る人口23万を擁するが、市のカラーづくりはこれからだ。  大和という名前は、村が合併し新たに市の名前を決めるとき、意見がまとま…

続き

子宮頸がんワクチンへの質問はぐらかす専門家会議

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(7)  子宮頸(けい)がんワクチン接種の積極的勧奨再開に向け、活発に動いている今野良自治医大さいたま医療センター教授(53)。  自治医大を卒業後、東北大学医学部に…

続き

子宮頸がんワクチンは「単に感染遅らすだけ」の声

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(6)  JR御茶ノ水駅の改札を出ると、右手に東京医科歯科大学、順天堂大学医学部の威圧的な建物が神田川に沿ってそびえ立つ。  そこから少し裏手に入った場所にこぢんまり…

続き

前健康局長の不都合な答弁貶める厚労省

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(5)  みんなの党「女性局」の勉強会が衆院第二議員会館で11月27日午後開かれ、講師の今野良自治医大附属さいたま医療センター教授による一通りの説明が終わると、質疑応…

続き

子宮頸がん予防ワクチンの接種をWHOの“権威”カサに説得

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う (4)  11月27日午後、衆議院第二議員会館で、みんなの党「女性局」による子宮頸(けい)がんワクチンの勉強会が開かれた。  講師は今野良自治医大附属さいたま医療セ…

続き

杉並区が子宮頸がんワクチンの副反応問題で「重篤被害者なし」と嘘

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(3)  今年3月25日に発足した「全国子宮頸(けい)癌(がん)ワクチン被害者連絡会」(池田利恵事務局長、以下「連絡会」)の会長を務める松藤美香さん(46)。  娘さ…

続き

子宮頸がんワクチンの影響を部活練習の痛みと混同

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(2)  神奈川県横浜市は、横浜市立大学医学部の「子宮頸がん予防プロジェクト」の影響もあり、子宮頸(けい)がんワクチンの接種率が76・5%(平成23年2月~25年3月…

続き

子宮頸がんワクチン接種被害者への同情は口先だけ

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(1) 早くも積極的な接種再開に照準  がんを予防する「救世主」として登場したものの、重篤な副反応をもたらすことが明らかとなり、厚生労働省が6月半ば、接種の積極的な呼…

続き

接種中止要求、県議会でも

 このほど厚生労働省ワクチン検討部会で、今年4月から7月までの子宮頸がんワクチン接種による副反応報告数が発表された。それによると、関節の痛みなど291件の副反応の訴えがあり、そのうちの143件が重篤だという。  今年4月…

続き

重い副反応143件 子宮頸がんワクチン接種で

4~7月報告分厚労省まとめ  子宮頸(けい)がんワクチンを打った後に全身の痛みを訴える人が相次いでいる問題で、厚生労働省は28日、今年4月から7月までに、関節の痛みなど副反応の訴えが291件報告され、うち症状が重いケース…

続き

10代の性交渉は危険 東京医療保健大学非常勤講師木村好秀医師に聞く

 4月からの予防接種法改正で、小学校6年生から高校1年生までの女子の子宮頸がんワクチン(3回接種、約5万円)の無料接種を可能にしたが、重篤な副反応が後を絶たない。子宮頸がん発症が性交渉と関連するため、ティーンエイジャーの…

続き

「接種の中止」を訴え 子宮頸がんワクチン被害の少女

神奈川県で「連絡会」発足へ  「神奈川県子宮頸がんワクチン被害者連絡会」設立に向け、県内に住む6組の被害家族が15日、横浜市で動画を交え記者会見した。  映し出された少女たちは、ベッドの上で痙攣が止まらずまるで鯉のように…

続き

「正確なデメリット情報提供求める請願書」可決

山梨県で初、上野原市議会  山梨県の上野原市議会は30日、子宮頸がんワクチンの接種による副反応被害者が多数出ていることを考慮し、「市民に対して重篤な副反応などのデメリットについても十分に正確な情報を分かりやすく広く伝える…

続き

罪悪性、非人間性告発の一心

“拉致監禁”の連鎖 パート9&10 番外編宗教ジャーナリスト 室生忠さんに聞く(下) 詳細な被害者の証言/暴かれる宮村氏の正体 営利に結びつく婚姻無効訴訟 ○――――○  ――「パート10 の体験と目撃現場」は、一時は脱…

続き

子宮頸がん、定期接種中止を 薬害会議

ワクチン効果、安全性に疑問  子宮頸(けい)がんワクチンを打った後に全身の痛みを訴える人が相次いでいる問題で、医師や弁護士でつくる薬害オンブズパースン会議は25日、接種の努力義務を課す「定期接種」の対象から外すべきだとす…

続き

原告自ら拉致監禁を法廷証言

“拉致監禁”の連鎖 パート9&10 番外編宗教ジャーナリスト 室生忠さんに聞く(上)  「“拉致監禁”の連鎖」のパートⅨ「『青春を返せ裁判』法廷証言から」(今年2月4~18日掲載)とパート10「被害者の体験と目撃現場」(…

続き

子宮頸がんワクチン接種被害 鎌倉市長が実態調査表明

市議会の委員会で「今日から始める」  神奈川県鎌倉市の松尾崇市長は18日、同市議会の観光厚生常任委員会に出席し、子宮頸がんワクチン接種で重篤な被害が全国に出ていることから、市内の同ワクチンを接種した約3000人のすべて女…

続き

子宮頸がんワクチン 積極勧奨再開は控えるべきだ 山梨県上野原市長が意向

 山梨県上野原市の江口英雄市長は11日の市議会で、厚生労働省が子宮頸がんワクチンの積極的接種を勧奨しないという方針を長期的に維持すべきだ、との意向を表明した。この日行われた本会議での氏家隆信市議の一般質問に答えたもの。 …

続き

子宮頸がんワクチン 予防接種後、171人症状 文科省調査で

痛み訴え、学校や部活休む  子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に長く続く痛みを訴える声が出されている問題で、予防接種後に症状を訴え学校や部活動を欠席するなどした中高生が、2012年度に171人いたことが、文部科学省の6日…

続き

子宮頸がんワクチン 「副反応、早期に一定見解を」 東京都市長会が厚労相に要請

検診の普及も強調  東京都の26市長から成る東京都市長会(会長、竹内俊夫青梅市長)は、このほど田村憲久厚生労働相に、子宮頸がんワクチン接種による副反応や症状についての調査を十分に進め、早期に一定見解を示すよう求める要請書…

続き