世界日報 Web版

“拉致監禁”の連鎖 rss

拉致監禁被害の後藤徹氏、勝訴確定

改宗活動牧師らの上告棄却 最高裁  成人男性を拉致監禁し脱会強要したとして総額2200万円の損害賠償の支払いを命じられた親族と職業的改宗活動家、牧師の上告審判決で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は9月29日、牧師らの…

続き

東京高裁 「監禁」認め、2200万円賠償命令 12年余の強制棄教訴訟で

松永牧師の共同責任も認定  新潟市や東京・荻窪などに約12年5カ月にわたって拉致監禁され、信仰する宗教団体からの脱会を強要されたとして、世界基督教統一神霊協会の信徒である後藤徹氏が、家族や宮村峻氏、新津福音キリスト教会の…

続き

問題はまだ終わらない

“拉致監禁”の連鎖後藤徹さん勝訴から(下)  原告後藤徹さんの実兄らにも断が下り、兄や兄嫁、妹は原告に対し計483万円余の賠償支払いが命じられた。  「(兄らは)玄関のドアの内側のドアチェーンの部分に南京錠で施錠をしてお…

続き

脱会屋・宮村峻氏に賠償命令

2014世界はどう動く 後藤徹さん勝訴から(中)  相澤哲裁判長が主文を「1」に続けて読み上げる。「2、被告宮村峻は、原告に対し、被告後藤隆、被告後藤洋子及び被告青栁雅子と連帯して96万7822円(…その手続き云々)を支…

続き

「公正な審理」の願いかなう

“拉致監禁”の連鎖後藤徹さん勝訴から(上)  東京地裁709号法廷。1月28日、時計の針は午後3時5分前をさしていた。裁判官席に向かい左前の原告席は、後藤徹さん(50)と代理人弁護士。被告席には「職業的脱会屋」とか「改宗…

続き

12年余の監禁訴訟で後藤徹氏勝訴 不当拘束、棄教強要を認定 東京地裁

宮村氏や兄らに賠償命令  新潟市や東京・荻窪などに約12年5カ月にわたって拉致監禁され、信仰する宗教団体からの脱会を強要されたとして、世界基督教統一神霊協会の信徒である後藤徹氏が、宮村峻氏や新津福音キリスト教会の松永堡智…

続き

罪悪性、非人間性告発の一心

“拉致監禁”の連鎖 パート9&10 番外編宗教ジャーナリスト 室生忠さんに聞く(下) 詳細な被害者の証言/暴かれる宮村氏の正体 営利に結びつく婚姻無効訴訟 ○――――○  ――「パート10 の体験と目撃現場」は、一時は脱…

続き

原告自ら拉致監禁を法廷証言

“拉致監禁”の連鎖 パート9&10 番外編宗教ジャーナリスト 室生忠さんに聞く(上)  「“拉致監禁”の連鎖」のパートⅨ「『青春を返せ裁判』法廷証言から」(今年2月4~18日掲載)とパート10「被害者の体験と目撃現場」(…

続き

犯罪行為の認定も遠くない

“拉致監禁”の連鎖 パート9、10を終えて(下)  舞さんは世界基督教統一神霊協会を一度脱会し、宮村氏と行動を共にしていたことがあった。その中で脱会屋側の活動を目の当たりにすることになる。  水茎会に父兄が集まる様子。脱…

続き

冷静に淡々と語る山田さん

“拉致監禁”の連鎖 パート9、10を終えて(中)  本連載「“拉致監禁”の連鎖」パートⅩ(今年5月2日~6月5日掲載)では、二度にわたり、思い出すのも嫌な棄教強要を体験した山田舞さん(写真)の証言を取り上げ、強制棄教の内…

続き

控訴審判決文が「監禁」を語る

“拉致監禁”の連鎖 パート9、10を終えて(上)  世界基督教統一神霊協会を脱会した元信者らが、同協会を相手取って起こした損害賠償請求訴訟、いわゆる「青春を返せ」訴訟の審理は、札幌地裁で1987(昭和62)年3月から20…

続き

法治国家の社会正義実現を問う

“拉致監禁”の連鎖(248)パート10被害者の体験と目撃現場(34)  12年余の監禁被害者である後藤徹氏が、脱会屋や牧師、家族らを訴えた裁判では、舞さんの目撃証言や舞さんを拉致する側にいた弟の陳述書のほかに、重要な証言…

続き

犯罪行為の現場を見たまま証言

“拉致監禁”の連鎖(247)パート10被害者の体験と目撃現場(33)  舞さんは今年4月8日に、東京地裁803号法廷の証言台に立った。  12年5カ月にわたって監禁された後藤徹氏が、脱会屋の宮村峻氏や新津福音キリスト教会…

続き

“拉致監禁”の連鎖(246)パート10被害者の体験と目撃現場(32)  「過去数十年にわたり、統一教会やエホバの証人など新宗教運動に属する数千人の人々が、信仰を強制的に棄てさせる目的で彼らの家族によって拉致されてきた。統…

続き

人権の国 米国から日本の世論に影響を

“拉致監禁”の連鎖(245)パート10被害者の体験と目撃現場(31)  舞さんは、アメリカの拉致監禁被害者の会(SAFE)から招かれ、昨年7月から8月にかけて再び訪米した。現地の被害者たちとともに、米連邦議会議員や人権団…

続き

米国の人権専門家らに被害訴え

“拉致監禁”の連鎖(244)パート10被害者の体験と目撃現場(30)  舞さんは2012(平成24)年から、拉致監禁根絶のための活動に力を入れ、海外の政府関係者や人権専門家らに自身の体験を明かし、被害を訴えるようになった…

続き

脱会強要の牧師、弁明に終始

“拉致監禁”の連鎖(243)パート10被害者の体験と目撃現場(29)  「国境なき人権」の取材を受けた2011(平成23)年秋、舞さんは、日本キリスト教団・青梅教会に所属する有馬歳弘牧師を何度か訪問した。  有馬牧師は、…

続き

「拉致企ての正当化は不可」

“拉致監禁”の連鎖(242)パート10被害者の体験と目撃現場(28)  「国境なき人権」の調査で、舞さんを取材したノート氏は「監禁先に連れて行かれるとき、それは強制だったのか」「親が脱会屋にお金を渡していたと聞いているか…

続き

「国境なき人権」に被害を証言

“拉致監禁”の連鎖(241)パート10被害者の体験と目撃現場(27)  後藤徹氏が12年以上も監禁されていたことを知った後、舞さんはなぜ拉致監禁が起こるのかを考えた。  「詳しく知らない宗教に子供が入るのを親が心配すると…

続き

監禁現場を知る自分が証言を

“拉致監禁”の連鎖(240)パート10被害者の体験と目撃現場(26)  再び韓国に戻った舞さんは、語学を活かしてIT関連会社やフリーランスで翻訳の仕事をした。  しかし、自身を含め、周囲の人々の生き方を見ながら、正しい生…

続き

人生に悩み他宗教に興味も

“拉致監禁”の連鎖(239)パート10被害者の体験と目撃現場(25)  東京・新宿区のハローワークに通った舞さんは1999(平成11)年1月から、医大受験生のために添削などをする教材会社で働き始めた。半年後には、関連会社…

続き

不眠と、うつ状態に悩む

“拉致監禁”の連鎖(238)パート10被害者の体験と目撃現場(24)  「自分が思っている価値観が崩されるので、(心が)非常に不安定な状態になります。何が正しくて、何が間違っているのかということが一切分からなくなります」…

続き

友人との電話にも恐怖心

“拉致監禁”の連鎖(237)パート10被害者の体験と目撃現場(23)  舞さんは、東京・歌舞伎町の新宿西教会が入るマンションの一室を借りて、監禁から解放された後の生活を始めた。  水茎会や元信者らの集まりにはほとんど出席…

続き