世界日報 Web版

子宮頸がんワクチン被害 rss

子宮頸がんワクチン問題、全国初の議員連盟が愛知県で設立

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に体の痛みなどを訴える人が相次ぎ、接種勧奨が一時中止されている問題で、愛知県名古屋市で19日、全国初の議員連盟となる「愛知県HPV副反応対策議員連絡会」が設立された。  同議員連絡会は…

続き

子宮頸がんワクチン禍、県に「被害者」救済求め意見書

神奈川県内9市目 横須賀市議会で可決  子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に重篤な副反応の報告が相次ぎ、積極的接種勧奨が中止されている問題で、神奈川県横須賀市議会は7日、同ワクチンで健康被害を訴えている人に対し独自に医療…

続き

重い副反応は1112人、子宮頸がんワクチン接種

民間研究チーム  子宮頸がんワクチンの接種後に体の異変などの訴えが相次いでいるため、接種勧奨が中止されている問題で、難病治療研究振興財団(理事長・坂口力元厚生労働相)の研究チームは13日、重い症状が見られる副反応患者は3…

続き

厚労省、子宮頸がんワクチンの副反応報告の収集強化

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に体の痛みなどを訴える人が相次ぎ、接種勧奨が一時中止されている問題で、厚生労働省は29日、副反応報告の収集を強化すると発表した。対象とする症状を拡大するほか、転院した患者の追跡調査も徹…

続き

子宮頸がんワクチン被害者の救済を 薬被連、田村厚労相に要望書

 薬害エイズや薬害肝炎、サリドマイドなどの薬害被害者当事者団体で構成する「全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連、代表世話人=花井十伍)」などは25日、薬害エイズ事件の教訓を生かすため、厚生労働省(東京・霞が関)が同省前庭…

続き

接種勧奨一時中止続く子宮頸がんワクチン 全国被害者連絡会事務局長・日野市議 池田利恵氏に聞く

死亡者の圧倒的多数は高齢者  全身の痛みや運動障害など、重篤な副反応を訴える少女が大勢出たことで、接種の積極的な勧奨が一時中止となっている子宮頸(けい)がんワクチン。厚生労働省は副反応を「心身の反応」と結論づけたが、その…

続き

子宮頸がんワクチン被害者の救済 北海道議会議員 柿木克弘氏に聞く

被害者救済の輪を広げたい  子宮頸(けい)がんワクチン接種によって深刻な副反応が生じると報告されて数年がたつ。北海道美唄(びばい)市では、接種を受けた女子高校生が全身痙攣(けいれん)や脱力感で生活に支障を来すなど重い症例…

続き

西岡氏「厚労省のミス」、子宮頸がんワクチン被害でシンポ

副反応の基準の見直しを  重篤な副反応が社会問題となり、接種の勧奨が一時中止となっている子宮頸(けい)がんワクチン問題で、医師や弁護士らによるシンポジウム(主催・薬害オンブズパースン会議)が27日、東京都文京区の東京大学…

続き

子宮頸がんワクチン副反応研究の神経班除外に疑問示すTBS報道

◆厚労省に懐疑的報道  重篤な副反応を訴える少女たちが相次いだことで接種勧奨が一時中止になっている子宮頸(けい)がんワクチン問題で、厚生労働省の専門部会が今月4日、約4カ月ぶりに開かれた。ここで報告されたのは痛みを軽減す…

続き

子宮頸がんワクチン 副反応の懸念消えず、 痛みに耐える女性ら訴え

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に全身の痛みなどを訴える人が相次ぎ、接種勧奨が中止されて1年が過ぎた。厚生労働省の専門部会は「心身の反応が原因」との見解をまとめ、再開を検討している。一方、副反応被害を訴える女性らは「…

続き

子宮頸がんワクチン 患者の3割、痛み改善せず

 接種後、体の痛みなど重篤な副反応を訴える人が相次ぎ、接種勧奨が一時中止されている子宮頸(けい)がんワクチンに関する厚生労働省の専門部会が4日、東京・新橋の航空会館で開かれた。専門部会は、作年10月から3月末まで厚労省に…

続き

メーカーから委員11人に資金提供 子宮頸がん、専門家会議に市民団体開示要求

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した人が長期にわたる痛みを訴え、接種勧奨が一時中断された問題で、薬害オンブズパースン会議(代表・鈴木利広弁護士)は29日までに、ワクチンの普及活動を行う「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議…

続き

接種奨励が一時中止されている子宮頸がん…

 接種奨励が一時中止されている子宮頸がんワクチン(以下、ワクチン)について、国(厚労省)は接種を積極的に勧めることを再開すべきかどうか。その判断を急いで出す必要はどこにもないと心得るべきだろう。少なくとも今は慎重に問題の…

続き

埼玉支部を設立、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会

 子宮頸(けい)がんワクチンで重篤な副作用が出た被害者ら家族が中心となってつくる「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」の埼玉支部設立総会が1日、埼玉会館(さいたま市)で行われた。同支部には埼玉県在住の被害者の母親ら13人…

続き

子宮頸がんワクチン問題、拠点病院の心無い診察対応

被害者家族らが実態を訴え  接種後、重篤な副反応を訴える子女が相次いでいることから、接種奨励が一時中止されている子宮頸がんワクチンについて、被害者家族らが副反応と心無い診察対応の実態などを訴える集会(主催・全国子宮頸癌ワ…

続き

子宮頸がん予防で増加要因の性交低年齢化に触れぬ「おはよう日本」

◆検診の重要性訴える  予防接種法による定期接種となりながら、重い副反応が多数報告されたことで、国による接種推奨が中止となっている子宮頸がんワクチン。接種推奨を再開するのかどうかの議論が大詰めを迎えているが、日本産婦人科…

続き

子宮頸がんワクチン副反応で「心身反応」決めつけ諫めた「時論公論」

◆究明に努める日テレ  重篤な副反応を訴える子供たちが相次いでいることから、接種奨励が一時中止されている子宮頸(けい)がんワクチンに関する厚生労働省の副反応検討部会の審議が大詰めを迎えている。接種奨励が再開されるか、どう…

続き

線維筋痛症との関係調査へ、子宮頸がんワクチン接種で学会

 日本線維筋痛症学会は28日、子宮頸(けい)がんや成人用肺炎球菌ワクチンの接種後に線維筋痛症を発症している患者がいるとして、来年度に因果関係を調査することを明らかにした。国に補助金を申請しているが、認められなかった場合で…

続き

副反応の原因「成分に」、子宮頸がんワクチンで内外の専門家

厚労省部会は「根拠乏しい」  厚生労働省の専門部会は26日、接種後、体の痛みなど重篤な副反応を訴える人が相次ぎ、接種勧奨が一時中止されている子宮頸(けい)がんワクチンについての審議会を開いた。  厚労省は審議会の前に、子…

続き

子宮頸がんワクチン「自分で決める」と言うも勧奨した「every.」

◆「お祝い」接種で被害  子宮頸(けい)がんワクチンの副反応問題が今ほど表面化していなかった3年前、市の保健センターから予防ワクチン接種の案内が自宅に届いた。当時中学1年生だった次女を対象にしたものだったが、パンフレット…

続き

子宮頸がんワクチン 「勧奨再開、反対」と訴え被害者らが都内で集会

 全国子宮頸癌ワクチン被害者連絡会などは6日、東京・永田町の参院議員会館で緊急集会を開いた。集会では、接種後、体の痛みや運動障害などを訴える人が相次ぎ、接種勧奨が一時中止されている子宮頸がんワクチンについて、厚生労働省の…

続き

子宮頸がんワクチン論争、無視される親の教育権

 重篤な副反応で苦しむ少女が多数出たことで問題となっている子宮頸がんワクチンについて、現在続く論争の盲点を浮き彫りにする論考があった。科学技術社会論研究者の佐倉統による論考「風疹の流行と何もしないことの暴力性」(「中央公…

続き

子宮頸がんワクチン問題 副反応検討部会に抗議相次ぐ

痛みの症例だけで結論  接種後、様々(さまざま)な症状に苦しむ女性が相次ぐ子宮頸がんワクチンの問題で、厚生労働省ワクチン検討部会が20日に下した結論は、実態を度外視する一方的なものとなった。このため、「多様な症状に苦しむ…

続き