世界日報 Web版

文化 rss

【フランス美術事情】収集家が芸術家を支える

ロシア革命前夜の時代、ロシアに渡った仏名画の里帰り  大革命後の産業革命と近代市民社会の形成期にあったフランスには、その自由な雰囲気を求めて世界中から芸術家や収集家がパリに集まっていた。その中にはパリを芸術の憧れとしてい…

続き

「日本の新進作家」展 記憶は地に沁み、風を越え

「日本の新進作家」展 記憶は地に沁み、風を越え

東京都写真美術館で、可能性に挑戦する創造的精神を支援  東京都写真美術館で、18回目の「日本の新進作家」展として、作家5組6人による「記憶は地に沁み、風を越え」が開催中だ(1月23日まで)。写真・映像の可能性に挑戦する創…

続き

日本・ウズベク間に固い絆、加藤九祚氏を偲ぶ

日本・ウズベク間に固い絆、加藤九祚氏を偲ぶ

テルメズ近郊の古代仏教遺跡の発掘に余生を捧げる  文化人類学者で国立民族学博物館名誉教授などを務めた加藤九祚(きゅうぞう)氏は、1988年以降ウズベキスタンのアフガニスタン国境の町テルメズ近郊の古代仏教遺跡の発掘に余生を…

続き

人生を変えたダライ・ラマ14世との出会い

人生を変えたダライ・ラマ14世との出会い

 広島大学准教授の田北冬子さんは、ノーベル平和賞受賞者で、世界的に著名な仏教指導者、ダライ・ラマ14世の通訳がきっかけでチベット仏教徒になり、やがてラージャ・ヨガに魅了され、現在はラージャ・ヨガ瞑想フレンズオブ広島代表の…

続き

市川市が育んだ俳人 能村登四郎と能村研三展

市川市が育んだ俳人 能村登四郎と能村研三展

句集や色紙、直筆原稿、ペン、写真資料など展示  千葉県市川市の市川市文学ミュージアムでは、能村登四郎の生誕110年、没後20年を記念して「俳人能村登四郎と能村研三展」が通常展示エリアにて開催されている(令和4年1月27日…

続き

調布飛行場・格納庫のプロペラ機を見学

調布飛行場・格納庫のプロペラ機を見学

飛行機の離着陸を見学できるプロペラ・カフェが人気  東京都調布市にある調布飛行場は、離着陸する飛行機も多くなく、のんびりとした雰囲気の飛行場。隣接する武蔵野の森公園を散歩がてら、プロペラ機を見に来る人も多い。広さは39ヘ…

続き

文化サロン主宰した新宿中村屋創業者、相馬黒光

国際交流も進めた女流文人、女性の社会進出にも活躍  明治6(1873)年にキリスト教が解禁となって以降、キリスト教は国民の間に急速に普及し、人々の生き方に大きな影響を与えたが、その一人に、新宿中村屋を創業した相馬黒光(こ…

続き

西洋モダンアートの影の立役者は日本?

西洋モダンアートの影の立役者は日本?

現代美術の主導権握ったNY、戦禍の弾圧を避け集中  戦後の現代美術の主導権を握ったのはニューヨークだった。フランス発のアンフォルメルも、やがてアメリカの抽象表現主義に取って代わられ、戦時中に戦禍の弾圧を避けるために渡米し…

続き