上昇気流 rss

「金亀子(こがねむし)擲(なげう)つ闇の…

 「金亀子(こがねむし)擲(なげう)つ闇の深さかな」(高浜虚子)。雨の夜、隣の部屋から何か物を投げるような鈍い…

続き

東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数…

 東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が2日連続で100人を超え、全国でも2カ月ぶりに200人を上回った。…

続き

伊藤整著『若い詩人の肖像』(1956年)は…

 伊藤整著『若い詩人の肖像』(1956年)は自伝的小説だが、その中に「京都という町が明治までの日本の全歴史を負…

続き

国内の旅行が自由にできるようになって…

 国内の旅行が自由にできるようになって、しばらくぶりで東京の西の奥にある高尾山に登った。京王線の車中で終点が近…

続き

きょうからレジ袋の有料化がスタートする…

 きょうからレジ袋の有料化がスタートする。先行して有料化を始めていたスーパーなどもあったが、海外に比べるとかな…

続き

今年前半の節目の日である。梅雨明けした…

 今年前半の節目の日である。梅雨明けした沖縄を除いて、各地では雨の多い日が続く。特にここ数年のこの時期は、地域…

続き

京都大は、霊長類研究所(愛知県犬山市)…

 京都大は、霊長類研究所(愛知県犬山市)の研究費の不正支出疑惑で、元所長ら教員4人による約5億670万円の不正…

続き

「青梅の臀うつくしくそろひけり」(室生犀星)…

 「青梅の臀うつくしくそろひけり」(室生犀星)。ある日、帰宅すると台所に青梅の匂いが充満していた。匂いに敏感な…

続き

新型コロナウイルスが猛威を振るったフランス…

 新型コロナウイルスが猛威を振るったフランスのパリで、カフェが15日から屋内営業を再開した。第2次大戦中も開い…

続き

「記録と言うとごく簡単に考える人があるが…

 「記録と言うとごく簡単に考える人があるが、私は、記録は実におそろしいと思う」と作家武田泰淳は『司馬遷』(昭和…

続き

手元にしばらくの間、韓国の音楽グループ…

 手元にしばらくの間、韓国の音楽グループ「東方神起」のDVDがあった。ある人がぜひ見るようにと貸してくれたのだ…

続き

新型コロナウイルス禍で、今夏の全国高校…

 新型コロナウイルス禍で、今夏の全国高校総合体育大会(高校総体)や全国高校野球選手権大会など、高校スポーツの全…

続き

雨を弾(はじ)いて生き生きとしてくる紫陽花…

 雨を弾(はじ)いて生き生きとしてくる紫陽花(あじさい)を眺めても、少し嫌だなと思ってしまうのが梅雨時である。…

続き

政府・与党が今国会成立を期した、ブランド…

 政府・与党が今国会成立を期した、ブランド果樹など農作物新品種の海外流出防止を目的とした種苗法改正案は継続審議…

続き

梅雨のこの時期になると、作家の太宰治の…

 梅雨のこの時期になると、作家の太宰治の桜桃忌(19日)が、東京・三鷹市下連雀の禅林寺で営まれ、全国からファン…

続き

英誌エコノミストが、先進各国の新型コロナ…

 英誌エコノミストが、先進各国の新型コロナウイルスへの対応を「優」「良」「可」「不可」の4ランクに分類して評価…

続き

「時間という公平な批評家」(1978年)。…

 「時間という公平な批評家」(1978年)。文芸批評家の江藤淳が、長らく担当してきた文芸時評の最終回に記した言…

続き

緊急事態宣言が解除され、図書館や植物園…

 緊急事態宣言が解除され、図書館や植物園、美術館も再開し、楽しむことができるようになった。が、まださまざまな制…

続き

新型コロナウイルスの感染拡大で足が遠ざか…

 新型コロナウイルスの感染拡大で足が遠ざかっていた東京・神保町の古書店街に約2カ月ぶりで足を運んだ。東京都の休…

続き

講釈から書き出して恐縮であるが、「観光」…

 講釈から書き出して恐縮であるが、「観光」の語源は中国の『易経』の一節「国の光を観る、もって王に賓たるに利し」…

続き

「少し太ったんじゃない」。そういう言葉を…

 「少し太ったんじゃない」。そういう言葉を掛けられているのは、気流子だけではあるまい。ステイホームで家にいると…

続き

東京一極集中の流れは、新型コロナウイルス…

 東京一極集中の流れは、新型コロナウイルス感染拡大の渦中にあっても変わらないようだ。東京都の発表によると、都内…

続き

新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモート…

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモート(遠隔)出演と呼ばれる手法を用いるテレビ番組が多くなった。その場合…

続き