世界日報 Web版

コラム rss

社会通念を一変させた、特別な夏の「自粛葬」

 例年、梅雨明けに百名山に登るのだが、7月末まで異例の長梅雨が続いた。8月に入ると、県をまたぐ移動、外出自粛のムードに押され、結局お盆の山行も断念した。今年は夏山に一度も登ることなく終わる、「特別な夏」となった。  お盆…

続き

最高気温が35度を超える東京の8月の猛暑日…

 最高気温が35度を超える東京の8月の猛暑日日数は、22日に35・0度を記録し10日目となった。統計開始以来の最多タイ記録で、平成7(1995)年と昨年に並んだ。暦の上で暑さが止(や)むとされる処暑(しょしょ)の一昨日の…

続き

日本政府観光局が発表した7月の訪日外国人数…

 日本政府観光局が発表した7月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比99・9%減の3800人だった。新型コロナウイルス禍のすさまじさということだが、この数字には驚くばかりだ。  観光庁の蒲生篤実長官は記者会見で「訪日客が戻…

続き

夜中、蛍光灯の周りを飛び回る虫がいる。…

 夜中、蛍光灯の周りを飛び回る虫がいる。カメムシだった。コガネムシのような甲虫ならば手で取って外に出すのだが、カメムシは悪臭を放つので放っておくしかない。  飛び回る音に、田舎に住んでいた時、さまざまな虫が夜に飛び込んで…

続き

秋に行われる米大統領選挙で民主党の候補に…

 秋に行われる米大統領選挙で民主党の候補に指名されたバイデン前副大統領が、指名受諾演説を行った。15日付小紙が報じたように、バイデン氏に対しては米メディアで認知症の疑いが浮上している。入念に準備をしたこともあるだろうが、…

続き

バイクの「シールド」論争ーフィリピンから

地球だより  ソーシャルディスタンスの維持が無理なバイクの二人乗り。フィリピン政府は二人乗りを認める条件として、ライダーと乗客の間にアクリル製の「シールド」を設置することを義務付けたが、安全性や効果に対し批判が集まってい…

続き

かつては昆虫採集をする子供が多かった。…

 かつては昆虫採集をする子供が多かった。小学校時分、夏休みの課題で昆虫標本作りは歓迎された。「自然との触れ合い」が好ましいものと評価されたのだろう。それが1960年代後半ごろから「昆虫採集=悪」という意見が聞かれるように…

続き

森林火災で避難する鳥たちーブラジルから

地球だより  ブラジル中西部、パラグアイとの国境近くにある世界最大の湿地帯で、世界自然遺産として知られるパンタナール。最近、パンタナールの近隣都市で普段は見掛けない鳥を見掛けることが多くなったという。  その理由は森林火…

続き

熱帯夜の苦悩

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  屯芝山(トゥンジサン)はソウルの南山の地脈が漢江に流れ下る所にある小さな丘陵だ。高さは65㍍で、東氷庫と西氷庫(朝鮮王朝が設置運営した氷室)はその麓にある。蔵氷裙(チャンビングン)…

続き

米政府系メディア 中国のネット検閲、対策強化

迂回ツール開発計画「自由獲得への一撃」  米政府系放送局を管轄する「米グローバルメディア局(USAGM)」は、中国などが、インターネットを通じて入ってくる情報を遮断するために設けているファイアウオールを回避するための新た…

続き

東京・谷中の全生庵で毎年夏になると開かれる…

 東京・谷中の全生庵で毎年夏になると開かれるのが「幽霊画」展だ。付近は関東大震災の被害にも戦災にも耐えて残ってきた街で、昔のたたずまいが色濃く残されている。山岡鉄舟ゆかりの寺だ。  幽霊画は「牡丹燈籠」で知られた落語家、…

続き

影のパンデミック、コロナで子供結婚が増加する

 「新型コロナのパンデミック(世界的流行)は、世界の教育体制に史上最悪の破壊をもたらした」(グテレス国連事務総長)。学校閉鎖の影響を受けた学生生徒は190カ国で約16億人。教育と経済の破壊で、特に厳しい状況に陥っているの…

続き

沖縄かまぼこ「チキアギ」が「さつま揚げ」に

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄本島南部にある糸満市の漁港近くの市場がこのほど、改装された。糸満に行くと食べたくなるものの一つに、かまぼこがある。  沖縄かまぼこは、板についている半円筒状のものとは異なる。油…

続き

「気温」は大気の温度で観測値、「体感温度」…

 「気温」は大気の温度で観測値、「体感温度」は人間の肌が感じる温度の感覚でその計算式はあるが、文字通り感覚がそれを決める。体感が気温とかなり異なることもある。  先の日曜日の午後2時すぎ、東京・調布市の気温は34度。日が…

続き

飲食時間が世界最長ーフランスから

地球だより  人の濃厚接触が新型コロナウイルスの感染拡大につながることは再三指摘されている。では飲食にかける時間と感染拡大の関係はどうなのか気になるところだ。というのも経済協力開発機構(OECD)の調査では、フランス人は…

続き

家庭や地域のつながりが育む「力」

 今年のお盆は7割の人が帰省を取りやめたというニュースがあった。筆者もその一人である。子供の学校の夏休みも終わり、今週からいつもの生活に戻っている。  帰省の代わりに、実家には手紙を書いた。電話より手紙の方が気持ちが伝わ…

続き

暦の上で秋が立って10日余が過ぎた。週末…

 暦の上で秋が立って10日余が過ぎた。週末23日は暑さが止(や)むとされる処暑(しょしょ)だが、それまでに各地の「危険な暑さ」が収まるのかどうか。今年は8月に入って関東の長梅雨が明けると、一転して猛暑到来である。  お盆…

続き

「夏蝶の影や大地は水のごとし」(河内静魚)…

 「夏蝶の影や大地は水のごとし」(河内静魚)。夏の虫としてはセミが代表的だが、そのほか蝶(ちょう)を挙げてもいい。その蝶は東京ではほとんど見掛けない。時々、空き地に咲いた野花にたわむれるように飛ぶのを見た時は嬉(うれ)し…

続き

いろいろ迷った末に石川県の実家に帰省して…

 いろいろ迷った末に石川県の実家に帰省している。両親とも数年前に他界し、家は誰も住んでいない。仏壇に線香をあげ墓参りするだけで友人とも会わなければ大丈夫と考えたのだが、寂しい話だ。  東京駅で北陸新幹線「かがやき525」…

続き

マスク社会への移行ーフィンランドから

地球だより  フィンランドでは、マスクを着用する人は今までほとんどいない。国内での新型コロナウイルス感染者数は、8日の時点で新規感染者数30人未満とそれほど深刻ではない。だが、国立健康福祉研究所(THL)は今月の初め、特…

続き

数年前の夏、軽井沢へ行った。目的は堀辰雄…

 数年前の夏、軽井沢へ行った。目的は堀辰雄関連の場所確認。軽井沢駅北側で地図を見ていると、隣の土産物店の主人らしい老人が「何かお探しですか?」と声を掛けてきた。  要件は簡単に済んでいたので、その旨を伝えると、やや唐突に…

続き

ペット検事

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  今年1月8日夜、秋美愛法務長官は青瓦台(大統領府)の蔚山市長選挙介入疑惑と、柳在洙前釜山市副市長の検察もみ消し疑惑事件を捜査した尹錫悦検察総長(検事総長に相当)の核心側近を左遷する…

続き

欧米観光客減りブルキニ解禁ーエジプトから

地球だより  エジプトのビーチ事情が変わってきた。観光・地方発展省が先月末、国内のいかなるホテルも観光地も女性が全身を真っ黒な色の生地で覆う水着、ブルキニの着用を禁止する権利を持たない、との特別声明を発表したからだ。  …

続き