世界日報 Web版

コラム rss

山本周五郎と言えば、没後半世紀近くたつ今も…

 山本周五郎と言えば、没後半世紀近くたつ今も人気の衰えない作家だ。昭和63年には、山本周五郎賞(新潮文芸振興会…

続き

悲しみの重さ

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  1994年の秋雨の降る朝、ソウルの漢江に架かる聖水大橋(ソンステギョ)…

続き

奈良県の明日香村に飛鳥歴史公園がある。…

 奈良県の明日香村に飛鳥歴史公園がある。飛鳥の豊かな自然や文化的遺産を保護し、活用するために整備された公園で、…

続き

日本はオバマ氏を信頼できるか

 オバマ米大統領のアジア4カ国歴訪は無事終了した。ワシントンは大統領のアジア歴訪を、日本を含むホスト国アジア4…

続き

「起業」といえば、わが国では野心はあるが…

 「起業」といえば、わが国では野心はあるが経営の先行きが不透明――と見られがちだった。だが、景気の回復傾向を追…

続き

ローマ法王の「韓国国民への伝言」

 中央日報日本語電子版(26日)によると、韓国の天主教(カトリック教会)大田教区長のユ・フンシク主教は24日、…

続き

与那国が埋める空白

 台湾と海を挟んで国境を接する日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)で、4月19日、陸上自衛隊の沿岸監視部隊が…

続き

感謝される植民地教育

地球だより  ルイスさん(58)一家は数年前にインドのゴアからロンドンに移住してきた。故郷ゴアのことやインドの…

続き

初夏間近のゴールデンウイークは紅、白、…

 初夏間近のゴールデンウイークは紅、白、ピンク色も鮮やかなツツジが葉を覆うばかりに咲き乱れる季節である。小社前…

続き

タイで相次ぐウイグル族の密入国

地球だより  タイ警察によると、3月にタイ南部ソンクラー県の天然ゴム農園で逮捕された子供82人を含む密入国容疑…

続き

少子高齢化と大学

 都内にある仏教系大学に通う義父に誘われて、4月から仏教講義に通い始めた。今年は学校側の見込みの倍以上受講があ…

続き

国会議員の外遊 見聞広め政治の質向上を

 この大型連休に日本国民は浮き足立っている。浮き足といっても逃げ腰になったわけではない。いかにこの長期休暇を楽…

続き

わが国で大量消費・大量廃棄の現代型ライフ…

 わが国で大量消費・大量廃棄の現代型ライフスタイルが定着した1980年代半ば、新聞紙上を賑わせた環境関連ニュー…

続き

「行春(ゆくはる)や撰者を恨む歌の主」…

 「行春(ゆくはる)や撰者を恨む歌の主」(蕪村)。ゴールデンウイークを迎えた。きのうは関東地方も晴天となり、初…

続き

中央アジアの親日国ウズベキスタンを同国政府…

 中央アジアの親日国ウズベキスタンを同国政府の招きを受け初めて訪ねた。かつてシルクロードの要衝として栄えた同国…

続き

様々な顔持つワシントン

地球だより  米国の首都ワシントンが最も観光客に賑(にぎ)わうのは、やはり桜のシーズンだろう。日本では桜の名所…

続き

「高級寿司」は日米関係を救うか

 オバマ大統領は23日夜、安倍省三首相と銀座の高級寿司店で会食したというニュースが入ってきた。安倍首相がオバマ…

続き

グーグル日本法人が日本の空港や駅ビルなどの…

 グーグル日本法人が日本の空港や駅ビルなどの安全に関わる図面を公開していたことが、今月になって明らかになった。…

続き

「セウォル号」沈没事故のトラウマ

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「セウォル号」沈没事故が発生した去る16日、深夜に帰宅すると妻の目がう…

続き

具象画家の登竜門で、画壇の芥川賞とも言われ…

 具象画家の登竜門で、画壇の芥川賞とも言われた安井賞が創設されたのは1957年。安井曾太郎の業績を顕彰し、現代…

続き

護国は誰とやる?

地球だより  6月の統一地方選でソウル市長に名乗りを上げているある女性議員が集会で、軍人だった父親から「いくら…

続き

松本浦添市長が就任1周年

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  昨年2月に45歳の若さで初当選した浦添市の松本哲治市長の就任1周年を記…

続き

日本の製造業に、生産・調達で国内に回帰する…

 日本の製造業に、生産・調達で国内に回帰する兆しが出てきた。円安基調、海外の人件費上昇などで、例えばキヤノンは…

続き