世界日報 Web版

コラム rss

怒りにも色がある

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  怒りにも色がある。米国のある人体生理学者が実験で、チューブの一端を人の…

続き

不可視のもの、超越的なもの、いわゆる精神…

 不可視のもの、超越的なもの、いわゆる精神世界の領域を写真で表現することは可能なのだろうか。この興味深いテーマ…

続き

北朝鮮を「なくなるべき国」

地球だより  こちらの国防省報道官が定例会見で北朝鮮を「国自体が国ではない。早くなくなるべきなのだが…」と発言…

続き

早い梅雨入りでハーリー中止

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県は5日、梅雨入りした。沖縄気象台によると平年より4日、昨年より5…

続き

日本の国旗は日章旗とも呼ばれるように、…

 日本の国旗は日章旗とも呼ばれるように、中央の赤は太陽を表し「日出づる国」にふさわしい。太陽は生命の源であり、…

続き

真実を隠蔽したオバマ政権

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー ベンガジ事件で特別委 共和党にも政治的リスク  【ワシントン】民主…

続き

狙われたオーストリアの教会

地球だより  アルプスの小国オーストリアはローマ・カトリック教国だが、その教会の建物が破壊されたり、いたずら書…

続き

15日で本土復帰42年となる沖縄。「『米軍基地反対』への反発。…

 15日で本土復帰42年となる沖縄。「『米軍基地反対』への反発。これまでにない動きが沖縄で表面化している」と社…

続き

聖職者の独身制と性犯罪は無関係?

 駐ジュネーブのバチカン法王庁外交代表部は6日、国連拷問禁止委員会の定例審査で、聖職者による未成年者への性的虐…

続き

断水の呪い

地球だより  前回、断水の告知にもかかわらず、結局、断水が行われなかった迷惑な話を書いたが、実はあの後に数日に…

続き

東大生入社ゼロの衝撃

 「国家安全保障会議(日本版NSC)発足」、「特定秘密保護法成立」、「集団的自衛権行使の憲法解釈見直し」、「武…

続き

蔓延するコピペ文化

 新型万能細胞とされる「STAP細胞」の論文不正問題で、理化学研究所の調査委員会が7日、筆頭著者の小保方晴子・…

続き

連休明け国会 安保体制確立へ論戦を期待

 大型連休も終わり、国民もゆっくり骨休みすることができた。さあ仕事に復帰する番だ。元気溌剌、腕が鳴る。こんな調…

続き

年間2000人程度で推移している司法試験の…

 年間2000人程度で推移している司法試験の合格者を、2016年までに1500人程度に減らす緊急提言を自民党司…

続き

「軽ろやかに提げて薄暑の旅鞄」(高浜虚子)…

 「軽ろやかに提げて薄暑の旅鞄」(高浜虚子)。汗ばむような暑さが続いている。といっても、真夏の皮膚を刺すような…

続き

江戸っ子は3代続いて江戸生まれでなければ…

 江戸っ子は3代続いて江戸生まれでなければならない、という。江戸には他国から沢山の人が流入し住み着いていたため…

続き

坂本龍馬の手紙の草稿がこのほど発見された。…

 坂本龍馬の手紙の草稿がこのほど発見された。暗殺(慶応3年11月15日)の直前に書かれたもので、倒幕後の新政府…

続き

ドラマ生み出すドラフト

地球だより  「桑田は巨人、清原は西武」「8球団競合の野茂は近鉄に」――。プロを志望する野球選手の人生を左右す…

続き

袋叩きの鄭洪原首相

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  鄭洪原(チョンホンウォン)首相の受難の日が続き、袋叩(だた)きの身を免…

続き

富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペン…

 富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」が先月半ばに全線開通して、雪壁がそそり立つ「雪の大谷」や銀世界…

続き

聖職者の児童への性的虐待許すな

 バチカン法王庁のゲストハウス、サンタ・マルタで5月1日から3日まで児童保護委員会の第1回会合が開かれた。ロー…

続き

「ウクライナ危機では欧米も共犯者」

 ウクライナ情勢は暫定政権側と親露派勢力の武力衝突でエスカレートする危険性が出てきた。5月25日の大統領選を控…

続き

失敗続きのオバマ氏の外交

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 効果ない対露経済制裁 プーチン大統領は「英雄」に  【ワシントン】…

続き