世界日報 Web版

コラム rss

空が高く澄み渡り、気持ちのいい風が吹いて…

 空が高く澄み渡り、気持ちのいい風が吹いている。一方、東京・荒川の土手を歩くと、秋口に一斉に咲いた彼岸花の鮮や…

続き

国連にも招かれたヴルストさん

 こんなに熱気に包まれた国連を久しく見たことはない。潘基文国連事務総長が3日、90カ国から約1000人の参加者…

続き

米中間選、共和党の勝利へ

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 混乱と無能の民主党 支持率低迷するオバマ氏  【ワシントン】今回の…

続き

慰安婦大虚報をめぐる朝日新聞の対応は、…

 慰安婦大虚報をめぐる朝日新聞の対応は、8月5日の検証記事で虚偽とした故吉田清治氏証言による16本の記事の取り…

続き

中国の草刈り場

地球だより   タイ軍事政権の外相代行を兼務するシーハサク外務次官が、中国を訪問し王毅外相や楊潔篪国務委員(副…

続き

新しい着想を得るには

 「ここに補助線を引くと、この直線(角)とこの直線(角)が平行(同じ大きさ)になって…」  中学の数学の時間。…

続き

日本国憲法は昭和21年11月3日、明治天皇の…

 日本国憲法は昭和21年11月3日、明治天皇の御誕生日にあたる「明治節」に公布された。憲法案は同年6月20日帝…

続き

「めくる めぐる 本の世界」。これは…

 「めくる めぐる 本の世界」。これは読書週間(10月27日~11月9日)の今年の標語である。毎年のことながら…

続き

同性婚者に神の祝福を与えた神父

 21世紀に入り 同性愛者の権利は益々強調され、時代は法的に同性婚の認知に向かって流れ出している。じっくりと考…

続き

一人の神父の「罪と罰」

 バチカン放送独語電子版が29日、悲報を報じた。イタリア北東部のトリエステのローマ・カトリック教会の神父が自殺…

続き

きょう11月1日は「古典の日」。『紫式部日記』…

 きょう11月1日は「古典の日」。『紫式部日記』に『源氏物語』についての記述が初めて出た日という。なぜか「自衛…

続き

潘基文氏の「名文」とその胸の内

 国連社会人道文化委員会は昨年11月、満場一致で11月2日を「ジャーナリストへの犯罪を追及する日」(the I…

続き

冬時間移行2度寝の幸せ

地球だより  長年ロシアに住んでいると毎年この時期、「今夏時間だっけ?冬時間だっけ?」と戸惑うことがある。ロシ…

続き

昭和天皇御製(ぎょせい)。「山百合の…

 昭和天皇御製(ぎょせい)。「山百合の花咲く庭にいとし子を車にのせてその母はゆく」。御製とは天皇の作られた歌の…

続き

北朝鮮を脅せ?

地球だより  ソウル駐在期間中、北朝鮮の地に足を踏み入れたことが2度だけある。金剛山観光と開城観光に参加した時…

続き

なぜ日本人は災害で冷静なのか

 ウィーンの国連で28日、国際赤十字赤新月社連盟が2014年版「世界災害報告書」(World Disaster…

続き

30-50クラブ

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「2049年、わが国の1人当たりの国民所得は300~500㌦になる」。…

続き

「空で光彩の爆発が起っていた。赤と緑が…

 「空で光彩の爆発が起っていた。赤と緑がからまり合って渦を巻き、その中心から緑の矢があらゆる空間に向って放射さ…

続き

観光討論会に翁長氏欠席

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「沖縄観光の未来を考える会」(新垣安男代表理事)は21日夜、那覇市内の…

続き

「社内刷新すると言っているが、どうぞやって…

 「社内刷新すると言っているが、どうぞやってください。我々が関心を持つのは我々日本人に与え続けている被害を取り…

続き

責任回避するオバマ大統領

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 政治に不安を抱く国民 繰り返される失敗と不祥事  【ワシントン】オ…

続き

昨年大フィーバーしたNHK朝の連続テレビ…

 昨年大フィーバーしたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の中で、印象深いシーンがある。母親の故郷東北の海辺…

続き

フランスで健康食ブーム

地球だより  フランスでの健康への関心は強まる一方のようだ。パリの自然食品店に足を運ぶ人々は年々増え続け、今で…

続き