コラム rss

文芸評論家の故亀井勝一郎は生前、武蔵野市…

 文芸評論家の故亀井勝一郎は生前、武蔵野市の御殿山に住んでいた。来客のある日の朝には、近くの井の頭公園へ歩いて…

続き

喜納氏知事選出馬で民主党迷走

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  民主党県連代表の喜納昌吉(きなしょうきち)氏が10日、代表を辞任して知…

続き

少子化の影響は社会の各分野に及んでいる…

 少子化の影響は社会の各分野に及んでいるが、その一つが大学運営へのダメージ。8月には大手予備校の代々木ゼミナー…

続き

金正恩第1書記の報じ方

地球だより  先月の公演観覧を最後に動静が途絶えていた北朝鮮の最高指導者・金正恩第1書記が、40日の空白を経て…

続き

フランスの農家から信仰も消える?

地球だより  フランス西部マイエンヌで代々農業を営んできたレナゼ家が存亡の危機にさらされている。今、農場を仕切…

続き

災害派遣と自衛隊

 御嶽山の噴火から約2週間が過ぎた。現在も自衛隊は、第13普通科連隊(松本市駐屯地)、第2普通科連隊(高田駐屯…

続き

渋滞都市ジャカルタ

地球だより  東南アジアの交通渋滞はかつて世界最悪と言われたタイの首都バンコクが有名だったが、今ではベトナムの…

続き

日本マクドナルドは、7月に消費期限切れ肉…

 日本マクドナルドは、7月に消費期限切れ肉使用が発覚した中国の食品製造会社から鶏肉を調達していた。関連商品が売…

続き

死者は手術室の壁の絵を見ていた

 今年のノーベル物理学賞を受賞された3人の日本人科学者の一人、名古屋大学の天野浩教授は「人のために役立ちたかっ…

続き

「隣る家も其の隣る家も柿たわゝ」(高浜虚子)…

 「隣る家も其の隣る家も柿たわゝ」(高浜虚子)。まだ実際に柿の実がたわわになっているのを見たわけではない。が、…

続き

金正恩氏、お元気ですか?

 アルプスの小国オーストリアのメディアでも、このところ北朝鮮の近未来とそれに関連して金正恩第1書記の健康問題が…

続き

1964年の東京五輪の開会式からちょうど50年…

 1964年の東京五輪の開会式からちょうど50年を迎え、東京・新宿の国立競技場の聖火台が取り外された。戦後日本…

続き

NHK朝の連続テレビ小説で「蛍の光」が…

 NHK朝の連続テレビ小説で「蛍の光」が流れていた。日本では別れの歌として知られるが、もともとは1794年、古…

続き

台風18号が過ぎ去った後、岩手県大船渡市の…

 台風18号が過ぎ去った後、岩手県大船渡市の魚市場では、湾内に退避していたサンマ船がまとまった水揚げを行った。…

続き

李健煕会長の闘病

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  三星(サムスン)電子の李健煕(イゴニ)会長の幼少年期は孤独だった。金持…

続き

市長不在の那覇大綱挽

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  毎年10月の体育の日の前後に開催される那覇市最大の行事といえば、那覇大…

続き

中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授…

 中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授が以前、東京・有楽町の外国特派員協会で講演した時、エレベーター…

続き

共和はまず上院奪還目指せ

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 中間選挙まで1カ月 思想色強いオバマ氏の政策  【ワシントン】建設…

続き

北欧は老人天国か?

地球だより  高齢者(60歳以上)にとって最も住みやすい国のランク付け表がこのほど発表された。英サザンプトン大…

続き

朝日新聞の慰安婦虚報問題について、…

 朝日新聞の慰安婦虚報問題について、メディアに掲載されたコメントから。「昭一だったら、『謝罪をしたことは大きな…

続き

違反もみ消し疑惑で炎上

地球だより  ある女性モデルのフェイスブックが大きな反響を呼び、警察幹部を巻き込むスキャンダルに発展している。…

続き

本を「自炊」する

 最近、タブレットで電子本を読んでいる人を見掛ける。ITに疎い筆者は、夏休みが終わる頃、息子から「自炊しようか…

続き

西アフリカ3カ国(ギニア、リベリア、…

 西アフリカ3カ国(ギニア、リベリア、シエラレオネ)で集中的に発生したエボラ出血熱。世界保健機関(WHO)は、…

続き