世界日報 Web版

コラム rss

近居のススメ

 「近居促進制度」というのをご存知だろうか。1年前にUR賃貸住宅が始めた制度で、54万戸を対象に近居世帯の家賃…

続き

首相、女性活用で旗振り 数値目標設定には苦言も

 人間として男女の別はない。男女は法律の上でも同格だ。しかし最近は女性優遇論が流行している。男性顔色なしだ。 …

続き

朝日新聞自作自演の「沖縄サンゴ事件」…

 朝日新聞自作自演の「沖縄サンゴ事件」(1989年)では当時の取締役社長室長が、長野総局記者による「虚偽メモ問…

続き

再生医学の未来をかけた「移植」

  朗報が届いた。網膜細胞が傷つく目の難病「加齢黄斑(おうはん)変性」を患う70歳代女性に、人工多能性幹細胞(…

続き

「住む方の秋の夜遠き火影かな」(蕪村)。…

 「住む方の秋の夜遠き火影かな」(蕪村)。蒸し暑いと思っていたのが、はるか昔のように感じる今日この頃。朝夕は少…

続き

朝日新聞と3人の「吉田」氏

 「天下の朝日」新聞が今、存続の危機に瀕している。正しい報道を至上課題に掲げてきた新聞社が意図的に事実を操作し…

続き

サミュエル・ジョンソン博士といえば、18世紀…

 サミュエル・ジョンソン博士といえば、18世紀に初の本格的な英語辞典を編纂(へんさん)した英国文壇の大御所とし…

続き

米国で人気の農産物青空市

地球だより  米首都ワシントン郊外の自宅近くの教会駐車場で毎週土曜日に開かれている「ファーマーズ・マーケット(…

続き

日本食品店のおばさんの「正論」

 「ヨーロッパのほうが日本より放射能に汚染されているのにね」 ウィーン市のナッシュマルクトの近くにある日本食品…

続き

「昔、私の田舎(鳥取県)は裏日本と言われ…

 「昔、私の田舎(鳥取県)は裏日本と言われていた」とテレビで石破茂地方創生担当相が語っていた。今では言われなく…

続き

錦織を破った男の「もう一つの奇跡」

 テニスの全米オープン大会でクロアチアのマリン・チリッチ選手(25)が錦織圭選手(24)を破り、4大大会初優勝…

続き

法案は凶作なのに…

韓国紙セゲイルボ  誠がこもった贈り物は威力がある。与える側と受ける側の双方を喜ばせ、義理と情がいっそう厚くな…

続き

この夏、福島県の磐梯吾妻スカイラインを…

 この夏、福島県の磐梯吾妻スカイラインをドライブして浄土平に立ち寄ったら、レストハウスの売店に初めて目にする野…

続き

なぜ、君は死を急ぐのか

 ドイツでは毎年、約600人の25歳未満の青年たちが自殺する。10歳から24歳までの青年たちの死亡原因で自殺は…

続き

沖縄方言と琉球独立運動

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  9月18日は「しまくとぅばの日」。「しまくとぅば」(島言葉)は沖縄の方…

続き

静岡県の川勝平太知事が、全国学力テストで…

 静岡県の川勝平太知事が、全国学力テストで小学6年国語Aの成績が全国平均以上だった学校の校長名を、前年に続き5…

続き

ウクライナ見捨てたNATO

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 東欧に小部隊の配備を 緊急部隊は抑止力にならず  オバマ大統領は、…

続き

「歌う革命」と米大統領

地球だより  オバマ米大統領は英ウェールズでの北大西洋条約機構(NATO)サミット出席直前にエストニアを訪問し…

続き

目下、二つの「吉田」問題で炎上中の朝日新聞。…

 目下、二つの「吉田」問題で炎上中の朝日新聞。その一つ「慰安婦報道」で強制連行を証言した稀代の詐話師「吉田清治…

続き

タイのベジタリアン週間

地球だより  タイは今月24日から10月2日まで菜食週間「(キン)ジェー」だ。開催時期は旧暦で決まるため毎年、…

続き

イナゴ捕り

 駅(都内)のコンコースに臨時の山形県物産コーナーがあった。電車が来るまで時間があったのでのぞくと、イナゴの佃…

続き

安倍改造内閣始動、女性閣僚の活躍に期待

 安倍改造内閣が3日にスタートした。新閣僚に選ばれた人たちの喜びはまだ消えそうもない。喜怒哀楽が一番顔に出るの…

続き

トルコ国民は赤地に白の月と星をあしらった…

 トルコ国民は赤地に白の月と星をあしらった国旗を身近でごく親しみのあるものとして、民家の軒端や所有するヨット、…

続き