世界日報 Web版

卸売市場の概念変える新SFM


小松 正之

東京財団政策研究所上席研究員 小松 正之

 オーストラリアのシドニー・フィッシュ・マーケット(SFM)はニューサウスウェールズ(NSW)州政府が1960年に開設し、魚介類を小売業やレストランに販売する卸売市場だったが、2006年に州政府の方針で民営化された。

 その後、魚介類の供給者である漁業者、水産物の取り扱い者である卸売会社と市場内に区画を有するレストランと小売店(テナント)が株主となり、市場運営の責任はSFM株式会社を設立し、州に代わって同社が担った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ