世界日報 Web版

国際捕鯨取締条約脱退の意味


小松 正之

東京財団政策研究所上席研究員 小松 正之

 2018年12月26日、日本政府は国際捕鯨取締条約からの脱退を正式に表明し、条約の加盟国としての立場は19年6月30日で終わった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ