世界日報 Web版

今こそ財政政策が前に出よ


鈴木 淑夫

鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

 米中貿易戦争の関税引き上げ合戦の影響を受けて、各国のグローバル企業は、原料・部品の調達先、製品の製造拠点、その輸出先などの国際的ネットワークの再編成を強いられており、経済効率の低下から、世界経済の成長見通しは下振れしている。国際通貨基金(IMF)は昨年の世界経済成長率の見通しを、当初の3・9%から順次3・6%まで引き下げたが、本年の見通しも当初の3・5%から4月には早くも3・3%へ(世銀は今月2・6%へ)引き下げた。

動き取れない日本銀行


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ