世界日報 Web版

金融政策の路線修正図る米欧


鈴木 淑夫

鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

 米欧の金融政策が、正常化路線(非伝統的金融政策からの出口政策)から外れてきた。米連邦準備制度理事会(FRB)は2019年中の利上げを見送り、膨張した保有資産の圧縮も9月末で中止することを決めた。これまでとは逆に、利下げもあり得るとするメンバーもいる。欧州中央銀行(ECB)は19年中の利上げ開始を断念し、現在の超緩和の長期化に備えるため、マイナス金利政策の銀行経営に対する負の影響(副作用)の軽減を検討し始めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ