世界日報 Web版

遺憾な東芝の不正経理操作


尾関 通允

世間を欺く“企業犯罪”

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 いわゆる戦後期のまだ早い頃、自然発生的に株式の集団売買が証券会社の店頭で行われるようになり、しばらく後に会員制度の証券取引所が新発足して、取引所に上場を認められた株式が公式の場で売買できることになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ