世界日報 Web版

日本を見出す外国人観光客


久保田 信之

生活文化に驚きや関心

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

 政府は、アベノミクス「第3の矢」である「富の拡大」「経済成長」の大きな目玉に「観光産業」の発展を置いている。そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前までに訪日客数2000万人を達成しようという目標を設定したのだ。これを受けて、東京をはじめ多くの自治体では、「観光産業振興政策」の立案と実施に大きなエネルギーを注ぎ始めたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ