世界日報 Web版

世界的インフレ懸念と成長減速


鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

 世界の新型コロナウイルスの新規感染者が減少に転じ、感染力の強いデルタ株の猛威が峠を越した夏の終わり頃には、コロナ禍で手控えられてきた消費需要の反動的増加によって、世界経済は秋以降順調に回復すると思われていた。しかし秋も深まった現在、このシナリオには、やや狂いが生じている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ