世界日報 Web版

豊田 剛 rss

衆院選沖縄4区 翁長知事派の仲里氏落選

「オール沖縄」の一角崩れる  衆院選が22日、投開票され、沖縄選挙区では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止を掲げる革新系「オール沖縄」の前職3人が当選したが、無所属前職が議席を失い、翁長雄志知事にとっ…

続き

地域のイベントで有権者と握手する候補者(15日、沖縄県那覇市)

【沖縄1区】「オール沖縄」の勢いに陰り

 公示翌日の11日、沖縄県東村の民間地に米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターが緊急着陸、炎上した。県民の反基地感情の高まりは自民党にとって逆風でしかない。  沖縄入りしていた岸田文雄政調会長は12日の遊説を取りやめ…

続き

沖縄県議会、ヘリパッド使用禁止を求める決議

沖縄県議会、ヘリパッド使用禁止を求める決議

米軍ヘリの事故に抗議、「辺野古移設反対」は盛り込まず  米軍の大型輸送ヘリコプターCH53Eが11日夕、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古から北東に約40㌔離れた東村高江の民間牧草地に緊急着陸し炎上…

続き

世界に通じるエンターテインメントの人材育成を目指す

世界に通じるエンターテインメントの人材育成を目指す

吉本興業初の認可校「沖縄ラフ&ピース専門学校」来春開校  吉本興業は2018年4月に沖縄県那覇市にエンターテインメント総合専門学校「沖縄ラフ&ピース専門学校」(2学科4コース)を開校する。吉本興業として初めての認可校とな…

続き

「沖縄県民が自ら米軍に基地を提供した」

「沖縄県民が自ら米軍に基地を提供した」

野党自民党側が沖縄県議会で証拠挙げ翁長知事を追及  沖縄県の翁長雄志知事は就任以来、「沖縄県民は自ら(米軍に)基地を提供したことは一度もない」と県内外に発信している。だが、これは歴代3知事の発言と全く食い違っているだけで…

続き

「普天間未来基金」を創設

危険性除去を最優先に 佐喜真淳 宜野湾市長に聞く  米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長はこのほど、世界日報のインタビューに応じ、「沖縄県知事は危険性除去と返還に最優先で取り組むべきだ」と強調した。  佐…

続き

米国統治時代の再評価を

米国統治時代の再評価を

偏狭な「地方主義」に陥る知事 ジャーナリスト 惠 隆之介氏に聞く  北朝鮮の核・ミサイルの脅威が地域の安全保障を脅かしている。こうした中、在沖米軍の撤退や沖縄の独立を支持する翁長雄志知事の言動が保守派の間で問題視されてい…

続き

来年2月の名護市長選、自民は候補者選びで出遅れ

来年2月の名護市長選、自民は候補者選びで出遅れ

市会派決定も県連公認出さず/「公明が協力できる候補」要求  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設が争点となることが確実な名護市長選の投開票が来年2月4日に迫る。革新系現職が3選を目指して出馬を表明し…

続き

辺野古移設、日米合意の原点を訴える

辺野古移設、日米合意の原点を訴える

沖縄県議会野党の自民会派12人、米国を訪問  沖縄県議会野党の自民会派の12人は10日から7日間の日程で米国を訪問している。速やかな在沖米軍再編や負担軽減を米政府・議会関係者らに訴えるのが目的で、普天間飛行場(宜野湾市)…

続き

アジア途上国で国際協力を学ぶ

沖縄県、人材育成目指し高校生39人派遣  沖縄県の「おきなわ国際協力人材育成事業」で高校生39人がモンゴル、カンボジア、ラオスの3カ国に、それぞれ13人が派遣された。今年で5回目となる同事業は、国際社会に必要な人材育成プ…

続き

「中国が沖縄を統治した証拠はない」と強調

「中国が沖縄を統治した証拠はない」と強調

山田宏参院議員が浦添市で講演、歴史的な事実を示す  沖縄の地元メディアは、沖縄の歴史的な日本帰属について異議を唱えるという誤った論調を展開している。それに拍車を掛けるように、国連人権理事会では沖縄県民を先住民族とする勧告…

続き

FC琉球のイベント 陸自車両の出展中止

FC琉球のイベント 陸自車両の出展中止

地元紙の圧力に屈した可能性  サッカーJ3のFC琉球が19日に沖縄県沖縄市で開いた「全島サッカー1万人祭り2017」で、陸上自衛隊は車両の出展要請を受けたが直前になって出展を断られた。FC琉球側が自衛隊に反対する地元マス…

続き

辺野古移設反対の翁長知事支える「県民大会」

辺野古移設反対の翁長知事支える「県民大会」

参加実数は昨年より半減、埋め立て承認撤回は明言せず  米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する翁長雄志沖縄県知事を支える大規模な集会が12日、那覇市で開かれた。政府が4月に辺野古で護岸整備に着手してから初めての集…

続き

「沖縄はIRの最適地」

「沖縄はIRの最適地」

中国のオンラインカジノが進出に意欲  統合型リゾート(IR)整備推進法が昨年末に成立し、2020年にもカジノを含めた統合リゾート施設が国内に誕生する。沖縄県の翁長雄志知事はカジノ反対を公約にしているが、中国のインターネッ…

続き

ヒアリの沖縄上陸阻止に万端

ヒアリの沖縄上陸阻止に万端

「OKEON美ら森プロジェクト」がシンポ  神戸や名古屋など日本の主要港で猛毒性が強いヒアリが発見されたことで、侵入や繁殖を防ぐための取り組みが急務になっている。早くから取り組みをしている沖縄県では、沖縄科学技術大学院大…

続き

那覇駐屯地で大規模震災想定訓練、陸自と県が初共催

翁長知事が初めて駐屯地に、那覇駐屯地で大規模震災想定訓練

[動画] 翁長知事、自衛隊駐屯地に現る! 陸自と県が初共催  沖縄県と陸上自衛隊第15旅団(原田智総旅団長)は19、20の両日、大規模震災を想定した防災訓練を那覇市の陸上自衛隊駐屯地で行った。「美ら島レスキュー」と銘打っ…

続き

辺野古移設、県議会が「工事差し止め訴訟」可決

辺野古移設、県議会が「工事差し止め訴訟」可決

翁長知事は再び国と法廷闘争へ、提訴関連費500万円超も承認  沖縄県議会の6月定例会は14日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題をめぐり、埋め立て工事の差し止めを求める訴訟の提起および訴訟関連費用500万円超を可…

続き

那覇市議選は翁長知事派が過半数割れ、3市に続き地元でも敗北

那覇市議選は翁長知事派が過半数割れ、3市に続き地元でも敗北

自民除名の現職4人落選、メディアと結託も奏功せず  任期満了に伴う那覇市議会議員選挙(定数40)が9日、投開票され、翁長雄志知事を支持する与党が過半数を割った。翁長派に打撃となったばかりでなく、知事と連携する城間幹子那覇…

続き

那覇市議会議員選挙、知事派と反知事派の代理戦争

保革とも無所属へのアプローチを強化、7月2日告示・9日投開票  那覇市議会議員選挙が7月2日告示、9日に投開票される。県政の保革両陣営は、城間幹子・革新那覇市政に対する評価に直結するだけでなく、来年11月に予定されている…

続き

沖縄県南城市の久高島に野菜工場の建設を計画

沖縄離島活性化推進事業を活用  「神々の島」として知られる沖縄県南城市の久高島に産業振興の起爆剤として野菜工場を造る計画が進められている。沖縄離島活性化推進事業の補助金を用いるものだ。ところが、一部メディアが疑惑ありきの…

続き

限界にある受け身型の沖縄平和教育

限界にある受け身型の沖縄平和教育

「がちゆん」の国仲瞬さん、大学生が新しい研修企画を提案  修学旅行で沖縄を訪れる学校はほぼ例外なく、平和教育の一環として沖縄県平和祈念公園(糸満市)を訪れる。ただ資料を勉強したり体験者の話を聞くだけの受け身型教育ではなく…

続き

辺野古移設をめぐって、国と県が再び法廷闘争へ

県「岩礁破砕に許可が必要」/国「地元漁協が漁業権放棄」  米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止に向け、沖縄県は工事の差し止めを求める裁判を起こす方針を決めた。20日開会予定の県議会定例会に必要な議案を提出…

続き

医療費削減に肉食を、健康長寿復活には沖縄伝統食

医療費削減に肉食を 健康長寿復活には沖縄伝統食

那覇で医療講演会「肉食サミット」を開催、400人参加  長寿、健康で知られていた沖縄県は現在、日本一の肥満県となり、男性の平均寿命は全国30位に転落している。そのため県ぐるみで健康長寿を取り戻そうという動きがある中で、県…

続き