世界日報 Web版

髙橋 正 rss

「民の竈」は賑わっているか?

求められる二兎を追う責務  永遠のマドンナ原節子や、枯れた芸で観客を魅了した笠智衆らを重用し、独自な映画世界を創り上げた小津安二郎を知らない人はいまい。日本が世界に誇る映画監督である。その小津安二郎に「大学は出たけれど」…

続き