サンデー編集部

台湾人気観光地「花蓮」現地グルメや映えスポットを紹介!【サンデー世界日報より】

台湾を代表する景勝地・太魯閣(タロコ)をはじめ、多くの魅力的な観光スポットを擁する東部の街、花蓮。5月中旬の週末、観光客向けの貸し切りタクシーを利用し、風光明媚な自然あふれる名所の数々を見学した。

秋田県男鹿市 大リニューアルで老若男女楽しめるテーマパークに【サンデー世界日報より】

秋田県の港町、男鹿駅周辺が大きな変化を遂げている。鉄道利用者も車で訪れる人も共に利用しやすいサービスが広がる。

創刊50周年記念 花とゆめ展 「ガラスの仮面」など展示【サンデー世界日報より】

「ガラスの仮面」や「暁のヨナ」などの連載で知られる少女まんが雑誌『花とゆめ』(白泉社)。創刊50周年を記念した展示会『創刊50周年記念 花とゆめ展』が六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで開催されている。

日本と韓国の違い!離乳食と健康サプリ事情【サンデー世界日報より】

最も近い日本と韓国。同じアジア圏の国なので似ているところもあれば、もちろん全く異なるところも多々あります。そんな日韓の違いを、子育てと健康面から見ていきたいと思います。

マンガで地域復興!がたふぇす2024【サンデー世界日報より】

新潟のアニメ・マンガ文化を楽しむイベント「がたふぇす」(同実行委員会)が、3月16日と17日の2日間、新潟市内の古町通を中心に開催された。

秋田・豪華絢爛な梵天コンクール【サンデー世界日報より】

冬の「かまくら」と言えば秋田県横手市が有名だ。ただし、「梵天」と「かまくら」、どちらも小正月行事だが、かまくらの「静」に対し、「動」として熱気がほとばしるのが梵天である。

「地域伝統芸能まつり」開催【サンデー世界日報より】

「あいたっ、いたた」。恐ろしい鬼の姿をした神鳴様(雷様)がヤブ医者の針治療で、大げさに手足をバタつかせ、痛がった。その滑稽な姿に会場のあちこちから「ふふ」と笑いがこぼれた。

茨城・牛久の大仏、シャトーめぐり【サンデー世界日報より】

世界一高い〝青銅製〟大仏として有名な「牛久大仏」。人生で一度は直接拝んでみたいと思う人も多いはず。高さ120㍍から牛久のまちを静かに見守る大仏様を拝むと、不思議と心が澄んでいくような気持ちに。

グランプリは大河ドラマ「どうする家康」ロケーションジャパン大賞授賞式【サンデー世界日報より】

映画・ドラマ、アニメのロケーション撮影(ロケ地)を誘致し、それを観光地として活かし、地域創生を図ろうとする地方自治体が増えている。ロケを誘致し地域を沸かせ、人を動かした「作品」と「地域」を表彰する第14回ロケーションジャパン大賞(主催:ロケーションジャパン編集部)の授賞式が2月15日、東京都内で開催された。

ホラ男爵の冒険【サンデー世界日報より】

今回ご紹介するのは、摩訶不思議な冒険談を大真面目に語る、とある男爵の物語です。

注目記事

Google Translate »