森田 清策 rss

「ウィズコロナ」の心構え ストレスためず免疫力強く

《 記 者 の 視 点 》  国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が公表された今年1月以降、筆者が自分の感染…

続き

中国の民主化願う中国系米国人を「危険」と解説した「報道1930」堤氏

◆米政権指南するユ氏  「自由諸国が共産主義の中国を変えなければ、中国がわれわれを変えるだろう」  米国のポン…

続き

「アンティファ」の本質 左翼思想によるテロ行動

日本でも活動活発化する  米国大統領が「国内テロ組織」に指定し、日本の保守論壇も危険視する「アンティファ」とは…

続き

米「人種差別暴動」の見方 極左集団無視する識者

古森氏、田中論文を痛烈批判  人種差別への抗議行動から広がった米国内の暴動に関連して、トランプ大統領は連邦政府…

続き

敵基地攻撃能力を論じ国防の責任を考えさせた「プライムニュース」

◆3氏とも保有を容認  安保問題をよく取り上げているBSフジLIVEプライムニュースは10日、防衛相経験者3人…

続き

感染症と性行動 リスク高めた解放運動

《 記 者 の 視 点 》  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの書店は感染症関連コーナーを設けている。…

続き

“終息”しない少子化 「男女」の価値見直されるか

 厚生労働省の人口動態統計によると、死亡数から出生数を引いた人口自然減は昨年、51万5864人で、初めて50万…

続き

コロナ後の世界 「直系家族」の再評価

個人主義国で死亡率高い  「ロックダウン」(都市封鎖)のできない日本が、新型コロナウイルスによる被害をこれまで…

続き

核ミサイルよりブースターに拘泥する愚かさ指摘した「プライムニュース」

◆腑に落ちぬ配備停止  地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画が突然停止となったのは、迎撃ミサ…

続き

感染症と「夜の街」 第2波を左右する「欲望」

《 記 者 の 視 点 》  東京都庁のライトアップが11日夜、赤から虹色に変わった。新型コロナウイルス感染へ…

続き

免疫力を強める 「前向きな心」で活性化

 月刊誌6月号の新型コロナウイルス特集で、科学者の視点からの論考も多かった。その中で、新型コロナとの戦いが長期…

続き

コロナの長期化 「人間らしさ」問われる

不条理を引き受ける勇気  新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」下に、ノーベル文学賞受賞者カミュの小…

続き

コロナ禍で葬儀も行えない「異常さ」を伝えたBS1スペシャル

◆「死者の権利」認めず  たまたま見た番組で、二つの重い問い掛けに遭遇した。一つは、NHKBS1のBS1スペシ…

続き

コロナ感染と差別 「正しく恐れる」難しさ

《 記 者 の 視 点 》  私の故郷は、新型コロナウイルス感染が比較的少ない東北・宮城県だ。同県の感染者数は…

続き

コロナ禍で「死生観」「言葉」の重要性を指摘した「プライムニュース」

◆価値観の変化課題に  新型コロナウイルス感染防止と経済活動のせめぎ合いの中で、「緊急事態宣言」が延長されるこ…

続き

リーダーの情報発信

「死」タブー視、危機感弱める  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が「緊急事態宣言」を行ってから…

続き

コロナ対応、台湾に学ぶ 防疫を安保と捉える

国民も一丸となって戦う  新型コロナウイルス感染の収束後、国際社会における対立軸となるのは、一党独裁の全体主義…

続き

「緊急事態宣言」の効果 国難モードに切り替わったか

《 記 者 の 視 点 》  「茹(ゆ)でガエル理論」というのがある。カエルを熱湯に入れると、驚いて直(す)ぐ…

続き

自然の摂理に反する“パパ2人家族”を紹介する「ハートネットTV」

◆コロナ感染は“警告”  新型コロナウイルス禍が深刻化する中、NHKが3月19日に放送したBS1スペシャル「ウ…

続き

「武漢ウイルス」呼称 発生源と責任の明確化

全体主義との闘いの象徴  WHOが決めた新型コロナウイルスの正式名称は「COVID―19」だ。ウイルスによる感…

続き

新型コロナ禍後の世界 中国の権力構造崩れるか

独裁の「強み」再評価の危険も  東京五輪が来年に延期になるとともに「首都封鎖」が現実味を帯びるなど、新型コロナ…

続き

薬物依存リハビリ施設 残留物排出し新たな人生を

ナルコノンジャパン総代表 神野 正啓氏  覚醒剤の押収量が昨年、過去最高になるなど、違法薬物問題が深刻化してい…

続き

新型コロナとの闘い 「日常」見詰め直す契機に

《 記 者 の 視 点 》  「今度ほど、ひとの心遣いがありがたいと思ったことはない」  東日本大震災から1カ…

続き