世界日報 Web版

片上 晴彦 rss

技術不信克服の必要性も指摘すべきだった週刊現代の「巻頭特集」

◆人を欺く手口にあ然  今では日本製も負けてはいないが、30年ほど前、筆者の仕事に無縁でなかった印刷機では、ドイツのハイデルベルク製が群を抜いて優れた印刷技術を持っていて、高価だが、国内でも需要が多かった。一事が万事、機…

続き

日本の都市開発下手も指摘すべきだったアエラ「新国立競技場」問題

◆迷走させたのは5人  概算工事費が2520億円となり白紙に戻された新国立競技場の整備計画は、今月に入ってデザインなどの再公募を始めるという異例の展開となった。アエラ9月14日号の「新国立競技場、問題の構図を探る 迷走さ…

続き

聞こえのいい推薦文?実利に乏しい文春の「手術が巧いがん外科医」

◆推薦人の実名は出ず  週刊文春8月13・20日号に「本当に手術が巧いがん外科医リスト」と題して107人のがん外科医がリストアップされている。従来「いい病院」「評判のいいドクター(医者)」…などの“番付”特集は週刊誌の定…

続き