世界日報 Web版

編集局 rss

うつのみや大道芸フェスティバル

25組のパフォーマーが芸を披露  栃木県宇都宮市の中心市街で、第8回うつのみや大道芸フェスティバルが3月14日(土)と15日(日)の二日間、開催される。  地元の大道芸人たちが企画したイベントで、オリオンスクエア、東武宇…

続き

科技機構、細野秀雄東工大教授に知財貢献賞

高精細ディスプレー用の酸化物半導体を開発  スマートフォンやパソコンなどの高精細ディスプレーに適した酸化物半導体を開発した東京工業大の細野秀雄教授(61)が25日、科学技術振興機構から「知的財産特別貢献賞」を受賞した。細…

続き

ワオキツネザルの母親においで胎児の性別分かる

米大学の研究チームが英科学誌に発表  白黒しま模様の長い尾が特徴のワオキツネザルの雌が妊娠すると、分泌物のにおい成分が変化して胎児の性別が分かると、米デューク大などの研究チームが26日までに英科学誌バイオロジー・レターズ…

続き

両陛下、ポーランド大統領夫妻と御会見

 天皇、皇后両陛下は26日午後、ポーランドのコモロフスキ大統領夫妻と皇居・御所で会見された。  宮内庁によると、東日本大震災の際に同国から義援金などの支援を受け、震災翌年に夫人が単身来日して被災地を訪問したことなどについ…

続き

慰安婦めぐる米調査、「強制連行」の資料なし

 慰安婦問題の主要な争点は「強制連行」があったかどうかだが、この問題についてはあったことを示す証拠はないという点で、国内の論壇での決着は付いている。しかし、朝日新聞が誤報を認めても、慰安婦は「強制連行された性奴隷」との言…

続き

植村元朝日記者の訴訟 、法廷利用した「言論封殺」

慰安婦誤報は「運動」の一環  慰安婦問題に関して、事実誤認の記事を書いて保守系を中心にした論壇で批判を受け続ける元朝日新聞記者・植村隆による訴訟が拡大している。自身が書いた記事を「捏造」とされたことで名誉を傷つけられたと…

続き

「日本で文字の発達が遅れたのはなぜか?」…

 「日本で文字の発達が遅れたのはなぜか?」というのは、昔からの謎だった。その割には「こういう理由があったため」という説明が行われることは少なかった。  そんな中、「話し言葉で十分だったから遅れた」という仮説に接した。40…

続き

帰化筆記試験の復活?

韓国紙セゲイルボ 米の言語サービスに学べ  米国女子プロゴルフ協会(LPGA)が選手たちの「英語使用義務化」を試みて諦めたことがある。「選手たちの効果的な疎通」を言い訳に、一定の英語水準を充足できない選手は試合出場を停止…

続き

陸自賛成多数、良識的判断下した与那国町民

 沖縄本島から南西約500㌔に位置する日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否を問う住民投票が実施された。結果は賛成632票、反対445票だった。  島の活性化に繋がる配備  住民投票…

続き

グローバルテロ対策でジレンマ抱える韓国

韓国紙セゲイルボ  仏風刺画週刊紙シャルリエブドへのテロ事件、デンマークのコペンハーゲンで発生した銃器乱射事件などの裏面には、宗教と表現の自由、キリスト教とイスラムの宗教対立と文化衝突、反ユダヤ主義など複合的葛藤がある。…

続き

オバマ大統領、テロ対策サミットで非軍事的対応強調

「イスラム国」対策 ワシントンでサミット  今月17日から19日までワシントンで、60カ国以上の代表が集まって暴力的過激主義対策(CVE)サミット(テロ対策サミット)が開催された。非軍事的対策強化に向け国際連携強化を確認…

続き

アメリカン・スナイパーは英雄か

 クリント・イーストウッド監督の映画「アメリカン・スナイパー」が世界で上演中で、多くの観客を惹きつけている。同映画はアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの伝説のスナイパー、クリス・カイルを描いた映画で、第87回アカデミー…

続き

さようなら坂東三津五郎さん、青山葬儀所で本葬

5000人が参列、人気歌舞伎俳優の早すぎる死を惜しむ  21日に59歳で死去した歌舞伎俳優の坂東三津五郎(本名守田寿もりた・ひさし)さんの本葬が25日、東京都港区の青山葬儀所で行われた。  松本幸四郎さん、中村吉右衛門さ…

続き

芹澤信雄プロ校長の「ゴルフアカデミー」設立

4月大箱根CCに開校、プロの育成も視野に  男子ゴルフの芹澤信雄プロが校長を務める「チームセリザワ・ゴルフアカデミー」の設立会見が25日、都内で行われた。同アカデミーは、4月26日に神奈川県の大箱根CC内に開校する。  …

続き

1300万年前の地層にワニ7種の化石を発見

米研究チームがペルーのアマゾン上流域で、貝や魚など餌が豊富  南米ペルー北東部のアマゾン川上流域で化石の発掘調査を行ったところ、約1300万年前の地層からワニ類の化石が新種を含め7種見つかったと、米自然史博物館などの研究…

続き

滋賀県の郷土料理、自作の「ふなずし」品評会

県農政水産部長のふなずしが優勝  滋賀県や県漁業協同組合連合会の職員らが自ら漬けた「ふなずし」を持ち寄り、味を競う品評会が大津市内で開かれた。独特の発酵臭が漂う中、56人がふなずしを食べ比べながら親交を深めた。  ふなず…

続き

カーニバルでもギリシャなどの財政危機に懸念

スイスのバーゼルで  スイス北部バーゼルで23日から始まったカーニバルで、ギリシャなど財政危機が懸念される南欧の国旗と100ユーロ紙幣を頭に乗せた鬼が登場した。  欧州連合(EU)などによるギリシャへの金融支援の4カ月延…

続き

皇太子殿下、ジョギング楽しまれる

27分で皇居1周  皇太子殿下は25日午後、皇居の周りでジョギングを楽しまれた。  白い帽子にランニングウエアを着た皇太子殿下は午後3時半ごろ、皇居・桔梗(ききょう)門を出発。護衛官らに囲まれながら1周約5㌔を27分20…

続き

Team Bibi schools Team Obama in speech boycott showdown 演説ボイコットでオバマ陣営を諭すネタニヤフ陣営

Team Bibi schools Team Obama in speech boycott showdown Team Barack started strong, but Team Bibi is showing i…

続き

JPの死生観

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  夫が出掛ける間際に語った。「神の加護があればまた会えるだろう。そうでなければ銃殺された非常にぶざまな顔を見ることになる」。1961年、5・16軍事クーデター前日の朝だった。夫人は妊…

続き

力強さ見られぬも消費増税から初のプラス成長に楽観的な日経社説

◆予測外す民間や新聞  昨年4月の消費税増税後、2四半期連続のマイナス成長から、日本経済はようやくプラス成長に転じた。  先日明らかになった昨年10~12月期の実質GDP(国内総生産)速報値は、前期比0・6%増、年率換算…

続き

「本当に自然の風情を愛するためには、…

 「本当に自然の風情を愛するためには、俳句や詩などを書かない方がよい」と詩人の西脇順三郎はいう(「日本人の旅行感覚」)。「一片の岩石にも、一片のブナの葉に対しても、自然の風情を感じる。そういう人は本当の詩人であろう」と。…

続き

債権規定見直し、時代に合わせて消費を促せ

 法相の諮問機関である法制審議会が、企業と個人の契約のルールなどを定める民法の債権規定を120年ぶりに抜本的に見直す要綱を答申した。安倍内閣は今通常国会中の改正を目指す。民法を時代に合わせ、安心で円滑な消費活動の促進に寄…

続き