綾村 悟

違法金鉱山で崩落事故、少なくとも15人が死亡か ベネズエラ

南米ベネズエラ中部ボリバル州で20日、違法操業中の金鉱山で大規模な崩落事故が発生した。現地からの情報では、少なくとも15人が死亡したと伝えられている。

選挙改革反対で大規模デモ―メキシコ

メキシコの首都メキシコ市で18日、左派ロペスオブラドール大統領が導入を進めている選挙機構改革に反対する70万人規模(主催者発表)のデモが行われた。

国連人権機関に退去命令 ベネズエラ、反政府活動を支援

南米ベネズエラのピント外相は15日、国連人権高等弁務官事務局(OHCHR)のベネズエラ事務局に対して活動停止を求めると同時に、72時間以内の全職員退去を命じたと発表した。

リオのカーニバルに数万人 ブラジル 華麗なパレードを披露

ブラジル・リオデジャネイロで11日夜から13日早朝にかけて、カーニバルのメインパレードが行われた。市内の全長約700㍍のサンバ会場サンバドロモでは、12のトップチームが華麗なパレードを披露、国内外から集まった数万人の観客を魅了した。

サンパウロ州報道協会 創設90周年で式典 市政470年と併行 ブラジル

ブラジルのサンパウロで先月25日、サンパウロ州報道協会の90周年記念式典が、同報道協会ビル2階のイベント会場で行われた。

安倍氏暗殺 冷静に再検証を ブラジル・サンパウロ州報道協会会長 セルジオ・ヘドー氏に聞く(下)

安倍氏に向けられた憎しみが、社会を巻き込んだ感情のうねりとなって家庭連合とその信者に向かった。日本社会は「テロリスト」の狙いのままに反応した。安倍氏が家庭連合の関連団体にビデオメッセージを送ったことが、家庭連合との友好関係を想起させたと言われている。しかし、政教分離が憲法で定められているブラジルにおいても、政治家が宗教団体の大会に赴いて、あいさつをすることは当たり前のように行われており合法だ。国家が特定の宗教を迫害する方が政教分離に反していないか。

「20世紀最大の人権侵害だ」家庭連合信者に対する拉致監禁 サンパウロ州報道協会会長 セルジオ・ヘドー氏に聞く(上)

日本での世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関する報道を受けて、海外から、教団信者について「人権侵害」の観点からも情報を公開して国際社会に問うべきだとの声が上がり始めている。ブラジル報道界の重鎮であり、また弁護士として、自由と人権の問題に長く関わってきたサンパウロ州報道協会(API)会長のセルジオ・ヘドー氏に、教団信者に棄教を迫る拉致監禁問題への対応と、信教の自由を巡る日本社会への提言などを聞いた。(聞き手=サンパウロ・綾村 悟、写真も)

デング熱患者急増、40人死亡 ブラジル

】カーニバルシーズンを控えたブラジルで、デング熱感染症が爆発的に流行し、観光都市リオデジャネイロでは公衆衛生上の緊急事態を宣言する事態となっている。ブラジル保健省によると、今年に入ってからデング熱に感染した患者は、7日までに全国で36万4855人に上り、40人が死亡した。さらに、265人の死因についてもデング熱との関連性を調査している。

ピニェラ前大統領が事故死 搭乗ヘリが湖に墜落―チリ

資産家としても知られる南米チリのセバスティアン・ピニェラ前大統領が6日午後、搭乗していたヘリコプターの墜落事故で死亡した。74歳だった。

出馬の意思は変わらず 野党候補が明言 ベネズエラ大統領選 

今年後半のベネズエラ大統領選に野党統一候補として出馬を予定しているマリア・コリナ・マチャド氏(56)は29日、記者会見を開き、代替候補を立てるつもりはなく、立候補に向けた活動を続けると明言した。

注目記事