世界日報 Web版

この考え、いまだ時来たらず An idea whose time has not come


 奴隷の子孫は、こんなに時が経っていても、何らかの方法で、金銭的に補償されるべきであるという「賠償金」の話は、一般的に見て、うまくいかない考えである。それは、かつては、米国政治の末端に限られていた。ジミー・カーターや、ビル・クリントンや、また、バラク・オバマのような主流の民主党員は、それに関係することによって、何も得たいとは思っていなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ