世界日報 Web版

大口献金者を悩ます民主党の左傾化 Left lurch worries big donors for Democrats


 フロリダ州の億万長者マーシャ・ラウファー氏は、2016年大統領選でヒラリー・クリントン氏のために1300万㌦以上を集めたが、2020年大統領選に対しては様子見だ。民主党が極度に左翼傾斜していることへの懸念からだ。

 ラウファー氏は、エリザベス・ウォーレン上院議員が大統領選の選挙運動を民主化するため、大口献金者に特典やVIP待遇を与えないと公約したことを挙げながら、民主党の左傾化に懸念を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ