世界日報 Web版

妊娠後期中絶に反発が強まる中、「無制限」中絶の強化に動くバーモント州 Vermont doubles down on ‘no-limits’ abortion amid late-term backlash


 バーモント州は既に全米で最も人工妊娠中絶に寛容な州だ。州法には中絶の規制が何もない。だが、無制限の中絶を文書化する法案は、妊娠後期の中絶を認可し、第二のカーミット・ゴスネルに門戸を開くことになるとの懸念が出ている。

 12日に州下院司法委員会に提出された法案H57は、「個人の選ぶ権利」を妨げる規制を禁止し、中絶を実施または試みたことを理由に「いかなる個人」に対しても訴追を禁ずるものだ。

 上院の同様の法案S25は、医療従事者が「合法的な中絶手術を実施または支援しても、民事、刑事、行政上の法的責任や罰則を負うことは一切ない」と付け加えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ