世界日報 Web版

ベネズエラ危機、米露衝突の場にも


800

「二人の大統領」で世界二分

 昨年12月10日、ベネズエラの首都カラカス近郊の空港にロシアのTU160超音速爆撃機が着陸した。名目はベネズエラ軍との合同演習のためとされているが、派遣された爆撃機2機は「ブラックジャック」と呼ばれる最新型で、航続距離は1万キロ以上、最高速度はマッハ2に達する世界最大の超音速爆撃機だ。核兵器も搭載できる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ