世界日報 Web版

在米ユダヤ人の改姓事情


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 在米ユダヤ人の間で改姓が無視し難い割合で行われてきた事実はユダヤ社会内部の公然たる秘密であった。ここで言う改姓とはユダヤ姓を捨て、米英のキリスト教徒風の姓に変えてしまうことだ。平均的な在米ユダヤ人であれば身内に誰かしら名字を変えた親類縁者がいるはずだ。それほどありふれた現象だったのだ。手続きも難しくない。最寄りの裁判所に申請書を提出すればよい。改姓理由がもっともなものであれば却下されることはまずない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ