世界日報 Web版

混迷のベネズエラ情勢、鍵握る軍部の動向


800

 ベネズエラでは、強権政治を続ける反米左派のマドゥロ大統領とグアイド暫定大統領の「2人の大統領」がそれぞれ正統性を主張、国際社会も両者の承認をめぐって真っ二つに分かれている。混迷を深めるベネズエラ情勢の行方を大きく左右すると見られているのが軍部の動きだ。

新政権下で訴追恐れる

 相次ぐ反政府デモや国際社会からの圧力にも動じないマドゥロ氏の強固な政治基盤は、軍部の掌握の上に成り立っているからだ。事実、ベネズエラでは軍の動きが重要な位置を占めてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ