世界日報 Web版

米兵のイラク駐留交渉に暗雲 Trump remarks cloud talks on new U.S. troop deal with Iraq


 米国とイラクは6日、米軍の駐留継続に関する新たな合意をめぐる交渉を開始した。トランプ大統領は数日前、イラクの隣国イランを「監視」し、過激派組織「イスラム国」(IS)などのテロリスト復活を阻止するため、米軍を無期限に駐留させる計画を明らかにし、イラク高官の反発を招いたばかりだ。

 交渉は、米国主導の「イスラム国打倒のための世界連合」の今週の会合の一環として行われる。連合には、先陣を切ってISと戦ってきた79カ国が参加している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ